リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

昔々コンビニで立ち読みしてたら横にイチロー選手が居た!

f:id:ryosuke1123:20180410132741j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

もうかれこれ15年以上前の話なんですが、仕事で、神戸に行った時のこと。

 

その日は、二つの会社を回らなきゃいけなかったんですけど、一つ目の打ち合わせが終わった時間と、二つ目の約束の時間が開いてしまったんですよね。

 

まあ、営業職の人や、システムエンジニアの人なんかは、こういう経験よくあると思いますが、その時は、1時間ほど空いてしまったんです。

 

ですので、とりあえず、先方の会社の最寄り駅まで行って、適当にブラブラしていたんですけど、さすがに1時間もやることが無いので、コンビニで立ち読みしてたんですよ。

 

その頃は、給料も少なかったし、喫茶店でコーヒーを飲むという発想もなかった、若かりし頃です。

 

当時は、すでにジャンプやマガジン等の週刊マンガは、卒業していたのですが、ワンピースとはじめの一歩くらいは読んでいたので、それらをまとめて読んでいました。

 

そんな、立ち読みに夢中になっていると、ふと私の横でも、同じように立ち読みしている人がいることに気づいたんです。

 

ごっつ!
(体がでかい事ね)


横で立ち読みしている人の第一印象は、そんな感じ。

 

背の高さは、私とそれほど変わらなかったんですけど、胸板も分厚くて、筋肉隆々の肉体、確実に何かスポーツをやっている人ということが分かりましたよ。


ふとその人に、興味が湧いた私は、顔を見たところ・・・。

 

なんと、当時オリックスでプレイしていたイチロー選手だったんてすよ!

 

テレビでは、ほっそりして見えるけど、実物は、めっちゃガッシリしていて、もの凄く鍛えられている感じでした。

 

・・ていうか、ああいう人も、立ち読みするんや・・って、めっちゃ親近感沸きました。あの時、握手してもらえば良かったって、今も後悔しています。

 

人に笑われてきた悔しい歴史

 

<プロモーションドリンク>

 

 


そんなイチロー選手が、所属するメジャー球団「マリナーズ」の会長付き特別補佐に就任しました。そして、今季の残り試合には出場しないことを発表しました。

 

今季は、イチロー選手のプレイは見ることができませんが、2019年以降、選手としてプレイすることができるかもしれないそうです。

 

ただ・・・現実的には、かつてのように、一線で活躍するのは難しいんでしょうね。

 

私は、イチロー選手と同世代なので、その活躍はリアルタイムで見てきました。まさに、真の天才とは、この人のためにある言葉なんだなって思いましたよ。

 

そんな天才でも、年齢とともにプレイヤーとして、試合に出続けることは難しくなってくることに、寂しさを感じます。

 

そして、時代の舵を取っていた天才が、月日を経て、また別の天才に舵を譲り渡し、選手達の戦いが続いていくのは、本当に面白いと思いますね。

 

2年ほど前に、日米通算4000本安打を実現できましたが、その時のインタビューが、めっちゃ格好良かった。


彼は、幼い頃から、人に笑われてきた悔しい歴史があり、そして、「そんなの不可能だ!」と笑われたことを、常に達成してきた自負があるそうです。

 

365日、毎日野球の練習をしてたら、「あいつは、プロ野球選手にでもなるのか(笑)」って、笑われた。


でも、プロ野球選手になり、そして、年間安打数の記録を更新し、日本で誰からも認められる選手になった。


その後、「メジャーリーグでプレイして、首位打者になりたい。」と言った時も、「そんなの不可能だ。」と笑われた。


しかし、メジャーリーグでプレイし、二度も首位打者をとり、アメリカでも、実績の残した選手になった。


ホントに心から、凄いと思います。

周囲が不可能と思えるような、高い目標を設定し、常識に抗い続け、そして、達成し続けたことは、どう表現して良いのか分からないくらい凄いです。

 

イチロー選手が、達成してきたことに比べれば、恥ずかしい目標かもしれませんが、普通のサラリーマンが「億万長者になる。」と、世間で言うと、「そんなの無理だ」って笑われると思います。

 

そんな笑われるような目標でも、達成できるような人間になりたいと思いますね。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ