リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

購入しなかった事を大後悔している銘柄の筆頭株・・・エヌビディア(NVDA)の2019年1Q決算を考察

f:id:ryosuke1123:20170930212623j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今回は、第四次産業革命において大きな成長が期待できる大手半導体メーカーの「NVIDIA(エヌビディア)」が2019年度第1・四半期決算(2018年2月~4月期)を発表しましたので、考察してみたいと思います。

 

エヌビディア(NVIDIA)の2019年度1Q決算を分析

 

 結論から申し上げると、今回の決算は非常に良かったです。

 

以下は、今回発表された決算データの一部を抜粋したものです。

 

◆NVIDIA 2019年1Q決算データ

f:id:ryosuke1123:20180511075004p:plain

 

まず「売上」を見てみますと、今期「32億700万ドル」となっており、前年度と比べると「66%」の増収となっています。

アナリスト予想は、28億8000万ドルだったので、予想を大きく上回っております。

 

続いて「営業利益」を見てみますと、「14億2800万ドル」となっており、前年度と比べると「124%」の増益となっています。

「利益率」は、今期「64.7%」となっており、前年度の「59.6%」から、大きく向上しています。

 

そして「当期純利益」を見てみますと、「12億8500万ドル」となっており、前年度と比べると「141%」の増益となっています。

 

また、「EPS」も、予想「1.66ドル」でしたが、今期「2.05」となっており、予想を大幅に上回っております。

 

このように、今回の決算では、「増収増益」実現し、アナリスト予想も超えた非常に良い決算となりました。

 

この日、同じく発表されました2019年2Qガイダンスでは、売上高が、予想29.5億ドルに対し、新ガイダンス31億ドルが提示されました。

 

エヌビディア(NVIDIA)の売上内訳

 

それでは、次に、「売上」の内訳を見てみたいと思います。

 

以下は、今回の決算で発表された売り上げを「プラットフォーム」毎に分類したものです。

 

◆プラットフォーム毎売上

f:id:ryosuke1123:20180511075756p:plain

 

やっぱり、「ゲーム用途」で製品を利用することが多いようですね。全体の53.7%を占めております。

今期の「ゲーム用途」での売上は、17億200万ドルとなっており、「68.0%」の増収となっています。

アナリスト予想は「16億5000万ドル」だったので、予想を大きく上回っております。

 

ちなみに、ゲーム用途のグラフィックスチップは仮想通貨採掘にも使われており、増収の牽引役となっています。仮想通貨採掘は、全体の売上の9%を占めています。

 

ただ、2019年2Qの仮想通貨採掘用途の売上は、今回の3分の1程度となるようですね。

 

続いて「データセンター」を見てみます。

今期の売上は、7億100万ドルで、前年度比「71%」の増収です。とんでもない成長性ですね。

 

ただ、アナリスト予想が「7億300万ドル」だったので、予想は下回りました。

 

さらに続いて、人工知能の普及によって、今後注目されるであろう「Automotive」用途での活用は、まだまだ進んでおらず、「1億4500万ドル」となっており、全体に対する売上比率は、「4.5%」程度にしか過ぎません。

しかし、今後、自動運転車が一般的になれば、爆発的に増える期待感はあります。

 

こちらのアナリスト予想は「1億3200万ドル」だったので、予想を上回っております。

  

 

総括

 

<プロモーションドリンク>

 

 

今期の決算では、大幅な増収増益となり、非常に良い決算となったと思います。

 

エヌビディアは、データセンターやゲーム機、仮想通貨採掘、自動運転車などに使われるグラフィックスチップの開発・販売を行っており、近い将来起こると言われている「第四次産業革命」によって需要が高まると言われている注目株です。

 

人口知能を効率的に活用するためには、膨大な演算処理が必要となるので、エヌビディアの「GPU」は期待されていますからね。

 

また、最近は、クラウドの活用が大きく拡大しているため、データセンターでの用途拡大も、今期も大きく寄与しましたし、しばらくは売上が拡大すると思われます。

 

ハイテク銘柄は、将来どの分野が伸びると言う予想は簡単ですが、どの企業がシェアを伸ばすかというのは、難しいです。

 

そんな中で、すでに売上が伸びており、シェアを確保している「エヌビディア」は、将来の成長性が、予想し易い銘柄のように思えますね。

 

もうちょっと早めに仕込んでおけば良かった、と非常に公開している銘柄の一つです。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチっ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ