リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

ズボラな人にオススメな投資方法・・・買ったら忘れろ!さすれば資産は増えているであろう

f:id:ryosuke1123:20180109201035j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

日本人は、質素倹約を美徳とする民族だと言われておりますので、あまり「お金を増やしたい」と、中々大っぴらには言えませんよね。

 

しかし、残念なことですが、私達が生きていくためには、「お金」は絶対に必要なものですし、人生の選択肢を大きく増やせますので、できるだけ早いうちから「お金」の重要性を理解し、自分なりに資産を形成するための手段を考えておくべきです。

 

「何かを得るためには、同等の対価が必要である。」・・・つまり「等価交換」は、この世の中の「理」ですからね。

 

では、「どんな方法で資産形成をするの?」という点に行きつくと思うのですが、経営者や資産家ではない普通のサラリーマン(労働者)は、本業での収入は限られていますので、「資産運用」をおこない、効率的に「増やす」ことをオススメします。

 

そして、現代の日本では、様々な「資産運用」が存在しますので、これらに取り組むことで、資産形成の一助をなすことができます。日本で生活していることを幸運に思うべきですね。

 

不動産投資、株式投資、太陽光発電投資、FX、仮想通貨・・・様々な手法で資産形成を行うことができ、どれをやれば良い・・という絶対的な「解」は存在せず、身も蓋もない言い方をすれば、自分自身が「できそう」と思える資産運用をやれば良いと思います。

 

ただ、ここからは、あくまで個人的な考え方になりますが、私がおススメなのは、「株式投資」です。

これは、現在の日本では、インフラ環境が整っており、いつでもどこでもネットが繋がる環境で、取引をおこなえますし、資産運用の中でも流動性が高いからです。

 

しかも、資産運用の中でも、情報が取得しやすく、様々な手法が確立されているので、特に初心者の方にはおススメです。

 

資産形成したいけど「株式投資」は嫌だ!

 

しかし、「株式投資をしたい。」と考えても、何に投資すれば良いのか分かりませんよね。

 

私自身も、株式投資を長くやっており、実は、これまでに身の回りの人に、「株式投資」を勧めたことがあるんですが、ほとんどの人に拒否されています。

 

その理由を聞くと・・・

「株なんてやったら、損するでしょ・・。」

「何を買ったら良いのか分からない。」

「株価のチェックを毎日しなきゃいけないんでしょ?めんどくさいよ。」

という意見が殆どなんですよね。

 

「株なんてやったら、損するでしょ・・。」という言葉は、まさに日本人らしい「考え」ですよね。でも、これは仕方がありません。

 

だって、日本の日経平均株価は、バブル期をピークに、ずうっと低迷し続けていましたからね。2012年に第二次安倍政権が誕生して、アベノミクスによって、株価は大きく上昇しましたが、それでも、日本人の心に「株は儲からないもの」と植えつけるには、十分でした。

 

あとは、「何買えば良いのか分らん。」「めんどくさい。」と言う意見なんですが、結局、ほとんどの人が、本業が忙しかったり、子育てや遊びに忙しい毎日に追われて、「投資」に費やす時間がないんですよね。

 

私も、本業がそこそこ忙しいですし、それ以外でも、友人や女の子と遊んだりしたいわけです。

 

ただ、前述のとおり、やっぱり資産形成はしておきたいんですよ。

特に、これからは、少子高齢化の影響によって、この日本もどうなるか分からないですし、「備えあれば憂いなし」って言いますよね。

 

となると、普通のサラリーマンである私達は「資産運用(私の場合株式投資)」で資産形成するしかないというわけです。

 

ではどうするか・・・。

 

「株式投資」をするうえで、「絶対に損失しない。」というのは、絶対に無理ですけど、長い目で見ると、資産形成ができて、銘柄分析をしなくて良くて、めんどくさくない銘柄・・・そんなんあるか!って思うじゃない?

 

あるんですよ・・・これが。

 

それが「インデックス投資」です。

 

インデックス投資の強み

 

「インデックス投資」というのが、何なのかというと、朝や夕方のニュースを見ていると、「日経平均株価」とか「ニューヨークダウ平均株価」というものが出てきますが、これらは、それぞれの市場(東京証券取引所やニューヨーク証券取引所など)の平均値を表している指標(インデックス)です。

 

この指標(インデックス)と連動することを目指した運用手法が「インデックス投資」です。

 

まあ、言い方を変えると、株式投資で「平均点」を取る、というやり方ですね。

 

「平均点なんて大したことが無い!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、「株式投資」で「平均点」を上回ることは、とてつもなく難しいです。

 

例えばプロのファンドマネージャーが運用する「アクティブファンド」とインデックスのパフォーマンスを比較すると、5年間の運用で「88%」のアクティブファンドが、インデックスにパフォーマンスで負けております。

 

そして、15年間の運用になると、90%以上のアクティブファンドが、インデックスにパフォーマンスで負けております。

 

このように、経済、金融を熟知したプロのファンドマネージャーですら、インデックス・・・つまり「平均点」に勝つのは難しいのです。

 

ですので、「インデックス投資」をおこなうと、「経済は成長する」ということを前提に考えるのなら、プロ並みに効率的な資産形成を行うことができるはずです。

 

面倒くさがりとズボラな人はインデックス投資がオススメ!

 

<プロモーションドリンク>

?

 

 

ところで「インデックス投資」にも様々なものがあり、どれに投資すれば良いのか分からないと思いますが、私がお勧めしたいのは、以下の二つです。

 

①米国のメジャーな指数「S&P500」と連動したETF(VOO、IVV、SPY、1557)

②バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」

 

極端な言い方をするなら、何を買えば分らない場合、とりあえず上記のどちらかを買えば良いと思っています。

 

①の「S&P500」というのは、アメリカの代表的な指数で、アメリカの株式市場に上場している優良な500の銘柄で構成されています。

 

アメリカは、政治・経済・文化の中心地であり、世界の覇権国家ですので、名だたる企業が上場しています。

 

私たちにとってお馴染みである「アマゾン」や「マイクロソフト」「マクドナルド」「フェイスブック」「ジョンソン・エンド・ジョンソン」など様々な企業が上場しており、当然「S&P500」にも組み込まれています。

 

つまり「S&P500」と連動するETFに投資すると、間接的にこういった世界中で商売している大型優良企業に投資することができます。

しかも、500社もの企業に分散しておりますので、倒産などのリスクはありませんし、たった1日でとんでもない暴落が発生するようなリスクも、ほとんどありません。

 

あのオマハの賢人「ウォーレン・バフェット」も自身の亡き後、妻には「資産の9割をS&P500と連動したETFに投資しなさい。」と言っているくらいですからね。

 

「株式投資」の世界では、非常に鉄板銘柄の一つです。

 

ただ、アメリカという国に投資するのと、ほぼ同義なので、「一つの国だけに投資するのはリスクを感じる。」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方には、②の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(以下、VT)」への投資をおススメします。

 

このETFは、世界中に上場している企業98%を補完したETFで、まさに世界中の株式の平均点を取ることができます。

 

「世界経済は成長する。」と、長期的に考えることができる方には、この「VT」への投資がおススメです。

 

こういった「S&P500」や「VT」に投資をするのであれば、何も考えなくても平均点を取ることができますので、ズボラな人やめんどくさがりの人でも、資産形成を実現することができます。

 

わざわざ銘柄分析の手間も省けますので、自分の時間を減らすことなく、投資を行うことができ、その時間を本業を頑張って、昇進などをすることで収入を増やすことを目指せば、運用資金を増やすことができますので、さらに資産形成を捗らすことができます。

 

もちろん、自分の人生を楽しむ時間に費やすこともできますよね。

 

「インデックス投資」は、「時間」の使い方の選択肢を増やすこともできるので、おススメですよ。

 

とはいえ、いくらインデックス投資でも、暴落が起きた時は大きく下がるので、その時に狼狽しないように、ある程度の資産を投入すれば、買ったことを忘れて寝ていれば、気が付いた頃には増えていますよ。これが最強です。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションリンク>