リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

高配当株と利回り10%超えの高金利通貨「トルコ リラ」、どちらが投資妙味あるか考えてみた

f:id:ryosuke1123:20171219201744j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

資産家や経営者ではない、普通のサラリーマンが、資産を最大化するためには、「資産運用」が必須ですが、幸いなことに私達の住む日本では様々な運用先があります。

 

メジャーなところを挙げると「株式投資」「不動産投資」「FX」などがあり、実際に運用先として活用されている方も多いですよね。最近では、「仮想通貨」や「太陽光発電投資」など、時代のニーズにあった様々な運用先が増えてきております。

 

何が運用先として正しい・正しくない、という絶対的な「解」は存在せず、敢えて言うなら、その人に適した投資先は人によって異なります。

ですので、資産形成を効率的に行うのであれば、早い段階で、自分に適した投資先を見つけることが先決なのかもしれませんね。

 

ちなみに、私の場合、以前は「日本」、現在は「米国」、と投資先は異なっておりますが、基本的には「株式投資」を中心に資産形成を考えております。

 

昔は、日本株の中でもグロース系の小型株を中心に投資しておりましたが、投資先を米国株に変えてからは、高配当(連続増配含む)の大型株を好んで投資しております。そして、最近は、グロース系の大型株にも投資しております。

 

このように、同じ株式投資をしていても、なんだかんだ言って投資方法を変えたりしていますね。ただ、株式投資を15年ほど続けてきましたが、私に最も適しているのは「高配当株」、つまりインカムゲインを重視した投資なのかな、って思っております。

 

なぜなら、キャピタルゲインをそれほど重視していないので、「株価」を日々追いかけずに済み、直近の暴騰・暴落に一喜一憂しなくて済みますからね。

 

資産もある程度最大化できていますし、市場平均を追いかけずに、インカムゲインを安心・安全・安定的に貰える銘柄選びに注力した方がいいのかもしれません。

 

ただ、私は銘柄選びが好きなんですよね。どうしても冒険したくなってしまうんですよ・・・。だから、以前痛い目にあったグロース株を、再び投資し始めています。

小型、大型の違いや、日本、米国の違いがありますけどね。

 

まあ、いずれにせよ、投資を楽しみたいと思います。

 

高配当株と高金利通貨「トルコ リラ」、どちらが投資妙味あるだろうか・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで、前述のとおり、自分自身に適しているのは「インカムゲイン」を重視した投資法だと考えているのですが、実は、その視点で、「株式投資」以外にも、有力な投資先がないか検討したことがあるんですよね。

 

そこで目をつけたのが、「FX」です。

 

「FX」は、株式投資以上に、キャピタルゲインを狙っている人が多いイメージがありますが、実は、FXにも「スワップポイント」と言って、「インカムゲイン」を得ることができるんですよ。

 

「スワップポイント」が何なのかを書くと、長くなってしまうので、割愛しますが、金利差を利用して得る「インカムゲイン」の一種と思ってください。

(ちなみに通貨ペアによっては、支払わなきゃいけない場合もあります。)

 

そして、「FX」には、高金利通貨と呼ばれる「通貨」があるんですよね。

その代表的なものが「南アフリカ ランド」や「トルコ リラ」です。

 

どれくらいのスワップポイントをもらえるかというと、以下のとおりです。

(※スワップポイントは証券会社によって異なります。

※2018/5/24現在のスワップポイントです。)

 

  為替レート 1日のスワップ 1年のスワップ 年間利回り
南アフリカ ランド 8.795 13 4745 5.40%
トルコ リラ 23.947 80 29200 12.19%

 

ちょっと分かりにくいんですけど、それぞれの通貨を1万通貨保有していると、上記のような、スワップポイントをもらえるんですよ。

 

南アフリカランドの場合、1日あたりのスワップポイントは「13円」、トルコリラの場合は「80円」になります。

 

これを年に換算すると、南アフリカランドが「4,745円」、トルコリラが「29,200円」になります。

 

ちなみに、これは、それぞれ1万通貨を保有している時の、スワップポイントなので、為替レートを換算すると、南アフリカランドだと「87,950円」、トルコリラだと「23,9470円」に対するスワップポイントってわけ。

 

ですので、このレートと、年間スワップポイントを計算すると、南アフリカのスワップポイントの年間利回りは「5.40%」、トルコリラだと、なんと「12.19%」となります。

 

トルコリラなんて、以前は、ここまで利回りが高くなかったので、もしかすると、計算ミスかな?って思うくらい、とんでもないインカムゲインの利回りなわけですよ。

 

しかも、FXはレバレッジを掛けることができるので、例えば2倍程度のレバレッジをかけると、トルコリラだと年間20%を超える利回りのインカムゲインを、手に入れることができるってわけ。

 

インカムゲインが大好きな私としては、涎が出そうなほどの高利回りだったんですよね。

 

でも、辞めた・・・。

 

実は、以前にFXには痛い目に遭っているし、そもそもちょっとここまで高利回りの通貨に投資するのは怖かったし、そもそも通貨って株式と違って、「上昇する」ということを想定した金融商品ではないですからね。

 

それに、新興国の場合、正常は不安定だし、当時はISSの驚異もありましたし。

 

ちなみに、現在のトルコリラのレートは以下のとおりです。

f:id:ryosuke1123:20180524143325p:plain

 

絶賛、爆下げ中!!

 

良かった・・・買わなくて!!

 

いや、まあ、インカムゲインを含めたら、マイナスになるのか分からないけど、下がり続けているものに、インカムゲイン重視して投資はなかなかできないですよね。

 

いくら高金利通貨といえども、肝心のレートが下がる(上がる)ことによる損失が大きすぎて、投資妙味は全くありません。

 

そもそも、「通貨」は、「株式」と違って、上昇することを目的としているわけではありませんので、いつまで上がる、いつまで下がるというのは予測がつきにくい上に、新興国の通貨ですからね。

 

 

株式投資の高配当銘柄とは、比べ物にならないくらい、リスクが高いのが、新興国の高金利通貨です。

 

やっぱり、株式投資で堅実に稼ぐのが一番効率的かもしれませんね。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションリンク>