リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

中間管理職になった私の末路・・「会社辞めたいわー」と思ってたけど・・その後。

f:id:ryosuke1123:20171224131145j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私達が生活をするためには、必ず必要なものがあります。

それが「お金」です。服を着る、食事を食べる、家に住む、こういった当たり前のことをするだけでも、「お金」が必要ですし、趣味や恋愛をする際にも、お金は必要になります。

 

そして、こういった「お金」を得るためには、働かなければなりません。

しかし、会社で働くという行為は、多種多様な人間同士の「我」と「我」のぶつかり合いとなるため、多くのストレスが生み出されます。

 

その結果、「会社辞めたい。」と思う方がたくさん出てきてしまうわけです。

 

実は、私も、若い頃は、本当に仕事が嫌で、いつも「会社辞めたい。」と思っておりました。当時の私は、非常に要領も悪く、頭の出来も良くなかったので、毎日上司や先輩に怒られてましたからね。

 

別に不幸自慢をするわけではないのですが、机を叩いて、怒鳴られるなんて当たり前でしたし、同僚が私の陰口を言っているのを直接耳にして、悲しい思いをしたこともあります。

 

まあ、今思い返しても、当時の事は若干トラウマですね(泣)。

 

ただ、当時の自分が何もできないことを受け入れていましたので、意外と人の意見を素直に聞いていましたし、常に自分を変化させていくことに、何のプライドも持っていなかったのが、唯一の取り柄だったのかもしれませんね。

 

正直悔しいですが、あの頃怒られまくった内容や仕事に対する考え方というのは、今も役立っています。

 

あと、さんざんバカにされた反動だったのか、結果を出すことと、給料にもかなりこだわってきたことも、良かったのかもしれません。

 

その結果、月日が流れた現在の今所属している会社という組織の中では、そこそこ上の立場に来ています。

あれだけ、上司に怒られて、同僚にバカにされていたことを考えると、不思議なものですし、世の中、何があるか分からないもんなんですよね。

 

まあ、ただの中小企業なので、大したことないんですけどね。

 

「あー、逃げ出したい!」と思ってたけど、友人の悩みはもっと深刻だった

 

<プロモーションドリンク>

?

 

そんな、若かりし頃は、大きなストレスを抱えて仕事をしていたのですが、会社での立場が上がったからと言って、ストレスから解放されるわけではありません。

 

若い頃は、上司や先輩に対して非常にストレスを感じていましたが、現在は、お客様に対してストレスを感じたり、自分のグループに所属しているメンバーを絶対に食いっぱぐれないようにしなければいけないという「責任」という点にストレスを感じています。

 

言い方を変えれば、資金繰りやら事業継続に対する「責任」というものに、ストレスを感じています。若い頃、上司や先輩に対してストレスを抱えていたのとは、また別のベクトルでのストレスが発生しているわけです。

 

そして、最近は、仕事でのトラブルがいくつか出てきており、自分の力ではどうしようもない、人間の力ではどうしようもないんじゃない?というようなレベルになってきており、非常に大きなストレスを抱えております。

 

人手が足りなければマンパワーを補充しますし、頭下げなきゃいけないのであれば、米つきバッタのように頭も下げるのですが、そういうベクトルですらないんですよね。

 

月並みのことを言って申し訳ないのですが、正直いって逃げ出したいくらいです(涙)。


若い頃なら「あー、会社辞めよっかなー」なんて言葉が、頭によぎって、いざとなれば逃げだせば良かったのですが、会社の立場上そういうわけにもいかないので、さらにストレスが倍増させられています。

 
そんな大きなストレスを抱えている中、先日、以前、別の部署で働いていた同僚3人(私を含めて4人)で、飲みに行ってきたんですよ。

 
最初は、近況を報告をしたり、一緒に仕事していた頃の思い出話に花を咲かせていたんですが、いつしか現在の悩み事について話すことになりました。

 
私は、こういう時ほとんど聞き手になるんですが、みんな色々悩み抱えているんですね。

 
一人は、大きな病気を患ってしまい、日々の生活での不便さと、将来の不安と戦いながら頑張ってます。

 

もう一人は、本人は、健康なんですが、家族が大病を患い、その介護をしております。

介護生活は壮絶で、本当に大変なのですが、今の仕事をしながら介護生活をしていくのは厳しく、会社を辞めることも検討しているそうです。ただ、会社を辞めると、生活するための費用はどうする・・・という点にぶち当たり、思い悩んでいるそうです。

 

さらにもう一人は、上司が嫌な人で対人関係にストレスを抱えております。

会社を辞めることも考えていますが、まだ幼い子供を一人で育てているので、なかなか簡単にはいかないそうなんですよね。

 

こういった人の悩みに比べると、私の悩みやストレスなんて全然大したことないですね。

 

ほんっと、ちっぽけなことで悩んでました。

 

少なくとも、私の場合、家族も自分自身も健康ですし、子供を養っているわけでもありません。割り切ってしまえばいつでも逃げることができます。

 

世の中には、大変なことや、嫌なことがあっても、家族の事や経済的な事情などで、逃げだせない方々もいますからね。そういった方々に比べると、非常に恵まれた環境にいますよ。


本当にヤバかったら、立場や後先など考えず、とにかくがむしゃらにやるはずですよね。私は、まだ、その域には達していなかったようです。明日も仕事頑張ろうっと!!

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>