リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「悪口」を言うとストレス発散できるが「信頼」も失う・・・悪口を聞かされ続けた男の悲劇

f:id:ryosuke1123:20180403150358j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

仕事をしていると、嫌なこと、ムカつくことも多く、ストレスが溜まりますよね。

 

そのストレスの発生原因をたどっていくと、人間関係であることが多いのではないでしょうか。ストレスを抱えすぎると、精神的な負荷だけでなく、肉体にも少しずつ影響を及ぼしてくるので、注意が必要ですね。

 

私の場合、スポーツ(ボクシング)をしたり、友人と騒いだりすることでストレスが発散しておりますが、不思議と「心」だけでなく、「体」もスーっと軽くなるんですよね。そして、再び仕事を頑張ることができています。

 

やっぱりストレスの発散方法というのは、個人でそれぞれ持っておくべきだと思いますね。

 

ちなみに、多くの人にとって最もストレス発散できる方法が何かと言うと、人様に褒められるものではありませんが・・・「悪口」じゃないでしょうか。

 

最も直線的で、自分の思いのたけを主張することができますからね。これで、他人に共感してもらえれば、さらにストレス発散ができます。

 

実は、私も若い頃、上司や先輩に怒られまくっていた時は、よく同僚や仲の良い先輩に、「悪口」を言いまくってましたもん。いやー、今にして思えば、超質の悪い人間でしたね・・・あっ、それは今もか。

 

ちなみに、私は、上司の悪口をメールに書いて本人に送ってしまったことがあります。

www.longamerikastock.com

 

ただ、「悪口」は、「劇薬」ですので、やりすぎに注意しなくてはいけません。

あまり何でもかんでも口から発してしまうと、ストレス発散はできるかもしれませんが、人からの「信頼」を無くしてしまいます。

 

職場やプライベートでの人間関係は、「信頼」によって成り立っていることを考えると、絶対になくしてはいけないものの一つです。

とは言え、なんの愚痴や悪口も聞いてくれないような友人が、必要かというと、ちょっと微妙なところなんですよね。

 

まあ、いずれにせよ、やりすぎには注意、ってところです。

 

同僚の悪口を言いまくるマダム

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで話は変わるのですが、私は、普段社内に居るときは、弁当を持っていっています。少しは節約を意識しているというのもあるのですが、外食すると、栄養が偏りますし、食べたいものを、食べたいだけ食べてしまいますからね。

 

私もすでに40歳代ですので、お金を貯めるだけでなく、健康も意識していきたいと思っています。

 

ただ、客先での打ち合わせなど、外出する時は、さすがに外食します。


こういう時ばかりは、普段あまり食べない牛丼やバンバーガーのようなジャンクフードで済ませるんですけど、先日は無事一つのプロジェクトを終わらせることができたので、ちょっと豪勢に、ステーキハウスでランチを食べることにしました。

 

お昼時には、少し早かったので、結構空いてるのかな・・って思っていたら、意外にお客さんが入ってました。

 

客層は、何故かマダムが多かったです。


で、そのまま席に案内されて、「サーロインステーキランチセット」を頼んで、注文を待っていると、私の横に2人組のマダムが座ったんですよね。

 
特に気にせず、料理が来たので、美味しく焼き上げられたステーキを、食べていたんですけど、横のババアマダム二人組の声が、まあデカい!


しかも、この二人組は、パートか何かをしているようで、職場の特定の人物の悪口を、ひたすら言い続けてるんですよね。


「○○さん、すぐに会話に入ってくる」

「○○さん、図々しい」


挙げ句の果てには、

「○○さん、悪口ばっかり言う!!」


私「(心の声)いやいや、おまえらもな!」


全く知らない他人の悪口を、横でひたすら聞かされる身にもなってくれー。

 

しかも、屋外で、でっかい声でくだらない悪口話なんて、品のない。

 

全く知らない人のことでも、他人の悪口ってあまり聞きたくないですよね。

 

同僚の悪口を言いまくったパートナー社員の末路

 

実は、職場に昔いてた、パートナーさんの中に、人の悪口言いまくっている人が居てたんですけど、めっちゃ嫌われてましたからね。


挙げ句の果てには、職場の雰囲気を害するということで、クレーム言った上で、クビにされました。


この時に、人前で悪口言いまくると、こうなるんだ・・って、勉強になりましたよ。


ちなみに、その悪口の聞き手になっていた社員も同じように嫌われてしまい、一時的に、仕事干されましたからね。


この人は、悪口言ってた訳ではなく、ただ聞き手だっただけなのにです。

聞いてるだけでも、一緒になって言ってるイメージを持たれちゃったんですよね。


「悪口」は、言ってる人も、聞いてる人も不幸になるので、現実世界では、あまり言わない方が良いかもしれませんね。

 

あっ、ちなみに、最近の私は、職場の人には「ほとんど」悪口を言わないようにしています。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>