リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

25年間働いた会社を辞めた友人に「退職金いくらでした?」って聞いた結果・・・

f:id:ryosuke1123:20180803141317j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

最近は、人々の価値観や考え方の多様化が進んでおり、これまで当たり前だったことが、当たり前でなくなっていることも多くなってきました。

 

例えば、一昔前までは「終身雇用制」が一般的で、一度会社に入社すれば、定年を迎えるまで一つの会社に在籍することが当たり前とされてきましたが、最近は「転職」というものも、当たり前となっております。

 

また、若いうちに資産を築き、「セミリタイア」や「早期リタイア」を目指す人も増えてきていますし、「副業」で本業とは別の仕事で収入を得たり、会社に在籍せず「フリーランス」として働く人も増えてきているようです。

 

このようにワークスタイルも多様化していることを考えると、今働いている私たちは、昔の人に比べて、より選択肢が増えてきているのかもしれませんね。

 

一方で、個人的な感想としては、安直に会社を辞める人も多いように思えます。そして、会社を頻繁に辞めて、職を転々としている人も多くなってきているように感じます。

 

私も、仕事上、中長期計画を立案する際、人が欲しければ「中途採用」で人を雇う時もあり、応募者の履歴書や職務経歴書を拝見する機会もあるのですが、やっぱり何度も転職を繰り返している人が多いですね。

 

食を繰り返すことで、様々なスキルを身に付けたり、ノウハウを知ることができるので、全くメリットがないというわけではないのですが、やっぱり、多少辛いことがあっても、一つの会社に居続けることの方が、メリットは大きいように思えますね。

 

転職をして、人間関係の構築を繰り返す必要性もありませんし、一つの仕事を長く経験することで、発言力も増してきますからね。

 

経済的な面でもメリットは大きいです。転職を繰り返すと、その会社の給料テーブルに合わせることになり、給料が下がってしまったりすることも多いと聞きます。

 

そして、今の時代、昇給額なんてたかが知れていますが、それでも、一つの会社に居続けると「昇格」のチャンスも多く出てきて、給料も上がりやすくなるのではないかと思います。

 

実際、私は今の会社には長くお世話になっておりますが、「昇格」を繰り返したおかげで、給料は増えていきました。

当然、余剰資金も増えておりますので、それを「株式投資」に充てることで、資産の最大化が効率的に行えたと思っています。

 

まあ、今は、誰がなんと言おうが、米国株式市場が割高になっていると思っていますので、ほとんど「株式」への新規投資は行っておりませんが、「ライブドアショック」や「リーマンショック」の際には、安値で株式を得ることができ、結果として、現在のような上昇相場で、資産を大きく増やすことができました。

 

これを突き詰めていくと、転職を繰り返さず、一つの会社で頑張り続けたことが、資産を増やした根本的な理由になっていると思っています。

 

友人が25年間働いた会社を退職・・・退職金いくらでした?

 

<プロモーションドリンク>

 

 

あと、転職を繰り返さず、一つの会社に在籍し続けるメリットの一つとして「退職金」があると思います。

 

「退職金」は、会社に在籍する期間が長ければ長いほど、貰える金額が大きくなりますからね。

 


最近は、この退職金の額がどんどん減ってきているようですが、大手企業ともなると定年まで在籍して、満額がもらえる権利を得た場合、ウン千万円もらえるケースもあるようです。

 

私の場合、中小企業勤務なので、それほど貰えないとは思いますが、それでも、満額もらえるとなると、それなりの金額になると思われます。

 

まあ、実はここまで書いておいてなんですが、あんまり「退職金制度」のことはよく知らないんですよ。

 

うちの会社の場合、確定拠出年金の制度もありませんし、退職金の保険(?)を利用していると聞いたことがありますが、私が退職する際に、どれくらい貰えるのかよく分かりません・・・個人的には、定年までいれば、多少まとまった額が貰えるやろう、って程度に思っています。

 

ところで話は変わりますが、最近私の知人が会社を辞めたんですよ。

 

ちなみに、この知人は、誰もが一度は聞いたことのある、超大手企業に勤めていたんですけど、家庭の事情で、やむなく辞めなければいけなくなってしまったんです。

 

そんな彼と、先日話をする機会があって、色々話をしたんですけど、その時に、『退職金って、どれくらい貰ったのですか?』って聞いてみたんですよ。

 

かなり失礼な話題だとは思ったのですが、退職金のことをあまり良く知らない身としては、どれくらい貰えるものなのか、気になったので・・・・。

 

すると、答えは、『25年働いたけど、500万弱しか貰えなかったよ』とのこと。

 

えっ、少なっ!!

一桁間違っているんじゃないの?

 

超大手企業で、その程度の金額しか貰えないんだったら、中小企業に勤める私なんて、この1/3くらいしか貰えないんだろうなあ・・・。

 

この時、一時金のことだけを言っていて、もしかすると年金に上乗せするような制度になっているのかもしれませんが、いずれにせよ、退職金ってあまり期待できないと感じてしまいました。

 

もちろん、「退職金」が実際のところどれくらい貰えるのか分かりませんが、ひとつの会社を頑張ることで、「退職金」を得るメリットは大きいと思いますよ。

 

 ただ、そのことに期待するよりも、ある程度若いうちに本業や副業を頑張って収入を増やして、節約を行うことで出費を抑え、資産運用で効率的に資産を増やすことに注力した方がいいですよね。

 

将来を「期待」するよりも、若いうちに将来を「対策」しておいた方が良いと思います。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>