リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

男の嫉妬って怖い・・・女の嫉妬よりも100倍怖い!

f:id:ryosuke1123:20180115163850j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今年に入ってから、スポーツ業界の「闇」が話題にされることが多いですよね。

 

アメリカンフットボールの悪質タックル問題や、アマチュアレスリングのパワハラ問題、ボクシング協会トップの不正疑惑など、話題が尽きないです。

 

まあ、個人的には、こんなの「組織」として運営している以上、どこにでもあるような問題だと思うんですけど、マスコミがおもしろおかしく報道して、それを民衆達が食いついている姿が面白いと思う反面、怖いと思いますね。

 

誰が言っていたのか忘れてしまったんですけど、世界で活躍しているアスリートが「日本人は、失敗や間違ったことをすると徹底的に弾圧する。」というニュアンスの事を言ってて、本当にその通りだなって思います。

 

あくまで私見ですが、問題の発生している「組織」に所属しているわけでもなく、背景や事情も詳しく知らないのに、マスコミが報道していることを100%信じて、意見したり、批判したりするのって、どうかと思うんですけどね。

 

今は、マスコミの偏向報道も普通に起こっていますし、報道されたことをそのまま信用して、徹底的に批判しまくる人って、この多様化が進んでいる時代に逆行しているようにも感じます。

 

結局は、組織内の派閥争いのようなものなので、よく知らない第三者は、「我関せず」でほうっておきゃいいと思うんですけどね。っていうか、こういった問題って、誰が興味持っているんだろう、って思ってしまいます。

 

ただのおっさん同士の「嫉妬」や「猜疑心」や「自己顕示欲」から発生した派閥争いのようなもんでしょう。それにスポーツマンシップやら、パワハラやら、不正疑惑やらを紐付けて面白おかしく味付けされているものを、徹底的に批判する民衆・・・ある意味面白いですよね。

 

男の嫉妬って怖い・・・女の嫉妬よりも100倍怖い!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで、話は変わりますが、「男の嫉妬」や「男のやっかみ」ほど、しんどいものないよね。男性の方なら、人生で何度か経験しているのではないでしょうか。

 

よく、女性は執念深いとか、女性を怒らせると怖い、とかいうけど、はっきりいって男性の方が怖いよ。ねちっこいというか、トコトンやってくれますからね。

 

特に体育会系の気質が入っていると、さらにめんどくささが倍増されます。スポーツマンシップにのっとって、爽やかなイメージがありますが、敵に回してしまうと、結構な仕打ちを受けることになってしまいますからね。

 

実は、私も、どちらかというと、目立つ方だったので、これまでの人生、なにかと、男の嫉妬の被害にあってきました。

 

例えば、職場の女の子と仲良くなって、ご飯食べに行ったり、お付き合いすることになったり、お突き愛することになったときも、男性の嫉妬の矛先が来ました。

 

他にも、仕事においても、私は同期や先輩に比べると、運が良く、出世も早かったので、嫉妬の矛先が、きましたよ。

 

「贔屓されている」とか「小狡いことしている」とか、挙句の果てには「不正をしている」とか言われることもあったし、陰口言われることもあったし、間違ったデマを流されることもあったし、つまんない嫌がらせを受けることもありましたからね。

 

この頃は辛かったなあ。

 

まあ、ぶっちゃけ贔屓されていたことや、小狡いことをしているというのは当たっていますけどね。

 

そりゃ、なんの力も持っていない、いち担当社員が効率よく仕事を進めるためには、力のある上司や先輩に、贔屓してもらえるくらい、可愛がってもらえてなんぼでしょう。

そして、「評価」してもらえるのを待ち続けるよりも、自分から「評価」を勝ち取るくらい、小狡いことだってしますよ。

 

おかげさまで、大して仕事ができるわけでもないのに、出世は早かったわけですが、「男の嫉妬」を真っ向から受けるはめになってしまったのでした・・・まあ、自業自得なんですけどね。

 

ただ、男の嫉妬というのは、立場が上がった今でも、たくさんあって、同じ役職の人や、役員の人たちからも、「嫉妬」というか、「やっかみ」のような行動を受けることが多いです。

 

これは、「男」という属性に、プラスアルファで「立場」という属性が加わっているからなのかもしれませんね。会社の上役の人たちなんて、「人の命令なんて聞きたくない。」「俺の言う事を聞けー」という人ばかりですから。

 

他人に対する「嫉妬」や「やっかみ」も人一倍持っているんでしょう。

 

そして、これは私自身も当てはまるもので、「こいつらには絶対に負けたくない。」という気持ちが出ております。だから、仕事で一生懸命「結果」を出そうとして、取り組むことができるのかもしれません。

 

ただ、株式投資の運用益などによって、それなりに資産形成ができているにもかかわらず、他人に嫉妬したり、嫉妬されたりしながら、仕事を頑張っているのも、虚しいなあー、って思う今日このごろでございます。

 

もっと、安い給料で上司や先輩の言いなりになりながらでも、のんびりと穏やかな気持ちで仕事が取り組める、というのも悪くないのかな・・・なんて思ったりもします。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>