リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

株式投資で大金持ちになった人でも「ケチな人間」は軽蔑する・・・

f:id:ryosuke1123:20171013034730j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

最近は、日米ともに、ボラティリティの高い相場となっており、先行きが読みにくいですよね。2018年に入ってから、損失を拡大されている方も多いのではないでしょうか?

 

まあ、個人的には、上がったり下がったりしながら、少しずつ上昇している現在の相場の方が健全なモノのように思っています。

 

2017年の頃のように、調整らしきものがほとんどなく、ひたすら上昇し続けるほうが逆に怖いくらいです。

 

ちなみに、全体的に相場が上昇すると、「株式投資」を始める人が多くなり、逆に相場が下降すると、少なくなる傾向があるわけですが、現在のように上がったり下がったりしていると、最近株式投資を始めた方々は、「あれ?株式投資って思ったほど儲からへんやん。むしろ損してるし・・・。ちっきしょー。」と考えて辞めてしまう人も多いかもしれませんね。

 

実際、2017年末頃は、よく行かせてもらっている本屋さんの「株式投資」コーナーが増設されていましたし、私の周りを見回しても、「株式投資」を始めた人が増えてきていました。

 

しかし、最近は、私の周りで「株式投資」の話をしている人が、めっきり減りましたし、近所の本屋さんの株式投資コーナーも平常運転に戻ってしまってますね。

 

いち個人投資家としては、日本人ももっと株式投資に興味を持ってもらいたいと思っているので、株式投資の話題が聞かれなくなったのは、残念ですが、ある意味仕方がないです。

 

「投資」は利益が出てこそ、意味のあるものですからね。

 
まあ、「株式投資」で利益を出すためには、「安く買って」「高く売る」ということが大前提となるので、本来は、下降相場で仕込み、上昇相場で売るというのが正しいので、上昇している時に株を始めるのはタイミングが悪いとも言えます。

 

そして、過去を振り返ると、ライブドアショック前やリーマンショック前も、同じように、株価が上昇していたので、株式投資を始める人は多かったですが、その後の下落局面で、多くの人が損失を抱えて辞めてしまいました。

 

歴史は繰り返す、ってやつですね。

 

結局、高値で株を購入し、低い値で売却するという、結果になった人が多かったわけです。

 

なので、なんとなく株式投資をやるのではなく、しっかりとストーリーを考えた上で「負けない投資」を心掛けて、こつこつ利益を積み重ねることが、株式投資を長く続ける秘訣になり、ひいては資産の最大化を効率的に行うことに繋がるのかもしれませんね。

 

そして、みんなが、株で儲けることができ、欧米のように、「株式投資」が当たり前の世の中になったら、日本全体が、もっと裕福になれると思います。

 

例え株式投資で億万長者になっても必死で節約している人はダサい

 

<プロモーションドリンク>

 

 

アメリカのように、株式投資が盛んな国では、古い家に住み、ボロボロの服を身にまとい、近所でも有名なケチな人が亡くなった後、資産を調べてみると、実は、「株式投資」で資産を築き上げた「億万長者」だったということがあります。

 

投資界隈では有名なロナルド=リードさんなんかが、これに当てはまります。

 

ちなみに、ロナルド=リードさんとは、ガソリンスタンドや用務員の仕事で生計を立てていた人物で、仕事柄決して高収入とは言えません。

 

しかし、92歳で亡くなった際には、日本円で約10億円ほどの資産があったそうです。

 

これは、米国の優良株に毎月の給料の一部を積立投資し、更に頂いた配当金を再投資を繰り返すことで、これだけの莫大な資産を築き上げたわけです。

 

ちなみに、このロナルド=リードさんは、近所でもケチで有名だったらしく、節約して浮かせた資金を投資に回していたんでしょうね。

 

まあ、このロナルド=リードさんだけではなく、個人投資家には、普段の生活を極力抑えて、抑えた費用を投資に回して生活している人って多いです。


なぜなら、企業が成長していくことを前提として、株式投資では元本に対する割合で損益を計算しますので、利益が出たときの金額は大きくなりますし、下落相場時には、安値で購入することができますからね。


なので、投資家・・特に長期投資家では、必死になって節約をしている人も多いんですよ。


まあ、私自身もどちらかというと、あまりお金を使わない人間なのですが、前述のような見た目極貧の人が、実は大金持ちでした、なんて話を聞くと悲しくなります。


そんなに必死になって節約して、なんのために、生きて居るんでしょうね。


まあ、「早期リタイア」を目指して、質素倹約に励み、「株式投資」を頑張るというのであれば、分かりますよ。目的が完了すれば、自分のやりたいことをするわけですから。


ただただひたすら、節約に励み、趣味や友人との交遊にお金を使わず、資産を増やしている人は、なんのために生きているのでしょう。


株式投資をやるため?


株式投資は面白いですが、それだけの人生とか、ヤバいですよね。

世の中、他にも面白いことはたくさんあります。


老後の不安を解消するため?


まあ、分かりますが、老後使いきれないほどの資産を貯めてどうするんでしょう。

当たり前のことですが、あの世に資産は持っていけません。


なので、節約で出費を減らすことは凄く大事なことですが、「今」を楽しむのも大事だと思います。

 

資産を最大化するためには、投資で効率的に資産を増やし、節約出費を抑えることが、大事ですが、何事もやりすぎは良くないと思いますね。

 

お金はあるのに、何にも使わず、浮いたお金をただただ再投資して、みすぼらしい生活するダサい人よりも、欲しいものにはお金を使い、人生を楽しんでいる人の方が、格好いい生き方だと思います・・・まあ、人によって考え方は違うと言われればそれまですけどね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>