リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

資産運用をする人としない人でどれだけ「格差」が発生するか検証してみた・・・

f:id:ryosuke1123:20180829154247j:plain

 

こんにちは、リョウスケです。

 

「今」を生きている人たちの多くは、大きな「悩み」や「不満」を抱えて生きています。

 

サラリーマンとして働いていると様々な人間関係から多くの悩みを抱え、憂鬱な日々を送っている人も多いでしょう。また、家族や知人と折り合いが悪く、不和になり、悩みを抱えている人も多いかと思います。

 

特に、人は生きていくために、「お金」を稼ぐ必要がありますので、簡単に逃げ出すことができませんからね。仕事上で人間関係が悪くなっていると、本当に辛いです。

 

しかし、そんな大変な苦労しながら働いているにもかかわらず、肝心の「収入」が上がらず、不満・・・というよりも「うわー、一生この地獄が続くのかー」って絶望感を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そして、さらに、今後日本では、「少子高齢化」が進むことで、生産性が下がり、収入が上がりにくくなったり、場合によっては、収入が下がる可能性も考えられます。

 

まさに「泣きっ面に蜂」ですよね。

 

さらに、さらに、社会保障制度の維持が困難になり、年金受給額が引き下げられたり、受給年齢が引き上げられる可能性が非常に高いです。

 

まさに、「虎口を逃れて竜穴に入る」ですよ。 

 

ですので、現在を生きている私達は、両親や祖父母の時代以上に、資産形成を真剣に取り組む必要があるわけです。ただ、前述のとおり、今の世の中、頑張っても簡単に「収入」を上げることなんてできませんよね。

 

それでは、何も打つ手が無いかというと、そういう訳ではありません。

 自分自身が、本業で働きながら、「お金に働いて貰えば良い」のです。

 

投資をやる、やらないでどこまで格差が生じるか検証してみた!!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

「株式」はリスク資産ですので、元本保証されているわけではなく、場合によっては損失を抱えることだってあります。

 

ですので、「株式投資なんてやっても損するだけだよ!」なんて考えている人も多いかもしれませんが、実はそういうわけでもありません。

 

フランスの経済学者「トマ・ピケティ」は、「資産運用による利益が、所得の伸びを上回れば、資産を持つ人と持たずに働く人の格差は広がり続ける。

と主張し、不等式「r > g」で表しました。

 

「r」は、「リターン」の意味で、「資産運用で得られる利益率」のことです。

 

「g」は「グロース」の意味で、「働いて得る所得の伸び率」のことです。

 

トマ・ピケティは、働いて得る所得の伸び率よりも、資産運用の利益率の方が、長期的には高いと主張しているわけです。

 

資産運用・・つまり、お金に働いて貰うことで、効率的に資産を最大化する事が出来るってことですね。

 

例えば、毎年100万円ずつ貯金するAさんと、毎年100万円ずつ、S&P500指数と連動するETF投資して、年間利回り6%(過去のパフォーマンスを参考)で運用するBさんは、それぞれ以下のように資産が推移していきます。

 

◆100万円ずつ「貯蓄」と「投資」した時の資産額の推移

f:id:ryosuke1123:20171128194830p:plain

 

  仮に30年間続けるとすると、30年後には、Aさんが3000万円の貯蓄、Bさんは8000万円の資産を手に入れることができます。

 

同じ額を積み立てているのに、なんと5000万円の格差が発生するわけです。

とんでもない金額ですよね。

 

  また、毎年220万円ずつ貯金するAさんと、毎年100万円積み立て投資するBさんとでは、以下のように資産が推移していきます。

 

◆毎月220万円ずつ貯金するAさんと、毎月100万円ずつ積立投資するBさんの資産推移

 

f:id:ryosuke1123:20171128195512p:plain

先程同様、30年間続けるとすると、Aさんは6600万円貯蓄することができ、Bさんは8347万円の資産を手に入れることができます。

 

Aさんは、Bさんの倍以上の金額を、毎年貯金しているのに、30年後には、Bさんの資産の方が多いのです。

 

これが、「複利」の恩恵を受けた長期投資の力です。まさにお金に働いてもらうことで、大きな資産を手に入れることが、出来るわけです。

 

格差社会の底辺で生きたくなければ「株式投資」をやれ!

 

未来の日本は、少子化の影響によって若者が少なくなる、その結果生産性が落ちて、働いても収入が上がらなくなる、しかも高齢者と若者の数的バランスが崩れ、社会保障制度が維持できなくなるんじゃないか・・等、悲観論が満ち溢れ、私達を不安にさせています。

 

そのまま「仕方ない、まあ、何とかなるやろ・・ハハハ!」なんて考えていると、現役世代として働いている間はともかく、老後は悲惨な生活を送ることになってしまう可能性だってあります。

 

若いうちなら、時間もたくさんありますし、健康面で不安も少ないので、やり直すことができます。しかし、高齢者は、身体や心が上手く動かなくなりますし、色んな「選択肢」が減ってしまうので、貧困老人に陥ってしまうとその時点で詰んでしまう可能性があります。

 

そういった悲惨な未来を送らないためにも、できるだけ早い段階から株式投資などの「資産運用」で、準備しておく必要があります。

 

お金に働いて貰う期間が、長ければ長いほど、その恩恵を最大限受けることができますからね。

 

前述しましたが、「株式」は、リスク資産になるので、必ずしも元本が保障されるものではありません。

 

しかし、何もしなければ、悲惨な将来を迎える可能性(あくまでも可能性ね)が有る限り、何もしない方が、リスクが高いように思えます。

 

将来、格差社会の底辺で、悲惨な思いをしないためにも、「株式投資」は、非常にオススメですし、中でも、過去のパフォーマンスが素高く、未来も期待のできる「米国株」は、オススメですよ。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>