リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

経済格差が開いている・・・これからは自己責任の時代が進むだろう

f:id:ryosuke1123:20180429122650j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。


この日本では、長く低迷した時代が続きましたが、2012年に安倍政権が誕生して以降、株価は上昇し、「アベノミクス」相場が起こっています。

 

2018年に入ってからは、前年度と比較すると株価は伸び悩んでいますが、株をやっている株主は、それなりに、利益が出ていると思います。こういう株価が目に見えて上昇している期間は、本当に株式投資をやっていて良かったと思う期間ですよね。

 

一方で、金融広報中央委員会の「世帯の金融行動に関するアンケート調査」から推計すると、金融資産を持たない世帯は12年の1347万世帯から、17年は1748万世帯へと400万世帯も増加しました。

 

「金融資産を持たない世帯」というのは、貯蓄などの資産がない(ゼロ)という方々のことで、逆に資産を大きく増やしている方もたくさんいることを考えると、日本でも経済格差が拡大しているということです。

 

おそらくこれは、好景気が訪れているにもかかわらず、それほど給料が増えていないことや、増税やサラリーマンが支払う社会保障費が上昇していて手取り収入が減っていることも、ほんのちょっぴり関係しているのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、「経済格差」なんて、これまでは外国の出来事だと思われている現象でしたが、既にこの日本でも起き始めているということです。

 

かつての日本は、「一億総中流」と言われるほど、国民全体が裕福な国でしたが、たった数十年で、経済格差が大きくなっているという事を考えると、恐ろしいですよね。

 

これからも強い人達はさらに力を増加させ、弱い人達はさらに搾取される時代が来る事を考えると、「経済格差」が発生しているということを、他人事だとは思わず、早い段階から対策を取っていくことが重要になると思います。

 

経済格差が開いている中個人がやっておくべきこと・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 


ところで、私も中小企業に務める普通のサラリーマンですので、こういう「経済格差」が発生している現実というのは、他人事ではないのですが、上記のように「金融資産を持たない世帯(貯蓄がゼロ)」が増えているというのはやばいですよね。

 

そもそも、これって、安倍首相がどうのこうのじゃなくて、ただ単に貯蓄をゼロになっている人のライフワークというか、生き方が、拙いんじゃないかと思いますね。

 

私のような、普通のサラリーマンでも、投資や副業をやることで、人並み以上の資産は残せているわけなので、「給料が少ない。」というのは、何の言い訳にもならないはずです。

 

自分で言うのも嫌になってしまいますが、私なんてそれほど要領も良くないし、賢くもないにもかかわらず、投資や副業をやり続けることで、うん千万円レベルの資産が残せているわけですからね。

 

そもそもこの働き方が多様化している時代に、「給料が少ないんです・・・クスン」だなんて、何の言い訳にもなりませんよね。

 

今は、政府も副業を推進しているわけですし、アルバイトするなり、ネット環境を使って、アフィリエイトでの収入を得るとか、色んな方法で収入を得る方法があるはずです。

 

それをしない、ってことはもはや自己責任の問題ですよね。

これから、日本のように高齢化が進んでいくと、よっぽどこれまでにないような施策を取るとか、「人工知能(AI)」や「ロボット技術」などの科学技術を発展させイノベーションを起こすとか、これまでにない規格外の何かをしないと、衰退していきます。

 

そして、衰退していく世界では、誰も人にかまけている余裕がないので、「自己責任」が付きまとってきます。

 

2017年のような株価が急騰していた頃、よく同じような年収の知り合いなんかに「株をやっている人だけ儲けてズルい。俺なんか毎月の小遣い1万円で生活しているのに・・・」なんて言っている人がいましたけど、「いやいや、知らんがな・・・だったら、あんたも株をやればいいじゃない。」って言ってあげましたよ。

 

リスクを背負って「投資」をしているんだから、ズルいも何もないでしょう。

 

「投資」をしない人の理由として、「投資するためのお金ない。」「投資する時間がない。」ということを言う人が言いますが、もはや聞き飽きましたね。

 

特に、私より給料の少ない人達が言っているのを聞くと、「それは誰のせいなの?」って問いたくなりますね。今の給料が少ないのは、誰のせいでもなく己のせいですからね。

 

本気で、現状に危機感を持って、将来に備えて資産を増やしたいとかんがえているのであれば、「投資」する資金なんて、節約や副業をすることで用意することができるはずですよ。

 

あと「時間」なんて、自分で作るものですからね。

 

いくら人を僻もうが、妬もうが、貧しくて、底辺であることには変わりはないですから、口先で自分自身の境遇を呪うのではなく、捨て身の「努力」と未来に向かって「行動」をしていく方が、前向きでしょう。

 

まあ、「努力」ができない、「行動」が起こせない人は、一生、何も変わらず、人のせいにして生きたら良いと思いますよ。

その間に、私は、着々と資産を高めていきますね。

 

これからの時代は、今よりも「自己責任」が求められるので、貧困に陥っても自分のせいだということです。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>