リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

手取り給料が下がっている中、底辺に陥らないために私達がやっておくべきこと・・・

f:id:ryosuke1123:20180727150756j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

サラリーマンとして働いていると、上司の理不尽な要求に悩まされたり、、お客さんの傍若無人な態度にムカついたり、部下のクオリティの低い仕事にイライラさせられたり、辛いことばかりですよ。

 

「あー、会社辞めてえなあー。」なんて思いながらも、働き続けているのは、生活するためには「収入」が必要だからです。

  

ただ、そんな辛さを噛み殺してようやくえることのできる、サラリーマンの収入ですが、ここ数年減り続けています。

以下は、サラリーマンの平均年収をグラフにしたものです。

 

◆サラリーマンの平均年収推移

f:id:ryosuke1123:20180530143236p:plain

 

上記は、税金が引かれていない状態での金額、つまり額面の年収です。

1999年の平均年収は、461.3万円だったのが、2016年には421.6万円まで下がっています。

つまり、40万円近く下がっており、月額ベースに計算しなおすと、月々3万円以上下がっていることがわかります。

 

ただ、リーマンショック直後の2009年は、405.9万円でしたが、それ以降少しずつ上昇していますけどね。

 

ここ最近は、企業の収益も上昇していますので、労働者の賃金アップが進んでおり、今後、もしかすると、私たちの収入は上がっていくのか、なんて期待している人もいるかもしれませんね。

 

でも、残念ながら期待できないでしょう。

 

実は、企業からの給料の伸びが低く抑えられている中、泣きっ面に蜂と思えるくらい、国の税金が上がっているんですよね。

 

ダイヤモンドONLINEの記事によると、サラリーマンの手取り収入は、どんどん下がっているそうです。

 

以下は、税引き前の年収が700万円の場合の、手取り収入の推移を表しています。

 

◆年収700万円の場合の手取り収入の推移

f:id:ryosuke1123:20180530144423p:plain

(出展)ダイヤモンドONLINE  https://diamond.jp/articles/-/153372

 

うんざりするような下がりっぷりですよね。

15年間で50万円以上下がっています。

 

なぜこれほど下がり続けているかというと、政府の様々な施策により、税金が上がっているからなんですよね。

 

これから、少子高齢化により、日本が衰退していく中、政府は、税金の上昇による、税収アップを目指したいところですし、税収を上げないと、社会保障制度やインフラの整備が行えない現状があります。

 

ある意味仕方ありませんが、ちょっとやりきれない気持ちがあります。

 

これからの日本では、頑張って働いても給料が上がらない時代が来ることは、ほぼ間違いないと思いますね。

 

副業のススメ

 

<プロモーションドリンク>

 

 

上記のように、頑張って働いてもどんどん給料が下がっていく中、私たちは何の対策もせずに惰眠を貪り、貧困を甘んじて受けるべきか、と問われると断じて「否」ですよね。

 

貧しい思いなんて誰もしたくないですし、お子様がいらっしゃる方は尚更です。

 

では、これからの時代は、私達のような「個人」レベルで、対策していく必要があります。

 

では、どんな対策をするかというと、「本業」での収入以外にも、複数の収入源を持つことも、その一つだと思います。

 

最近は、政府もしきりに「副業」の推進を思わせるような発言もしていますし、2017年末には、働き方改革の一環として、副業に関するガイドラインも発表されております。

 

言い換えれば、政府も、本業だけでは収入は伸ばせない、という意味も込めているのかもしれません。

 

副業といえば、もっともイメージしやすいのが、本業で働いたあとや、土日などの休みを利用して、「アルバイト」をすることです。

 

時給「1000円」で、土曜日だけ8時間を、4週間やれば、3万2000円の収入を得ることができますからね。簡単に出来る副業としては、最も分かりやすい「副業」だと思います。

 

また、最近では、ブログやホームページを開設し、広告収入を得る「アフィリエイト」も一般的となっています。

 

私も、「アフィリエイト」で副業収入を得ているのですが、これは非常にお勧めです。

 

例えばこのブログの場合、「クリック報酬型」のアフィリエイトを利用しているのですが、1日1時間程度ブログ記事を書くだけで、簡単に収入を得ることができます。

 

そして、なによりも、私のような人間でも稼げているので、長く書き続けていれば、おそらく誰にでも収入を得ることができると思います。

 

ただ、このブログのような「アクセス数」を重視する形式の場合、最も難しいのは、「継続」なんですよ。

最初は、ほとんど収入を得ることなんて出来ませんし、そもそもネタも尽きてきます。

 

ですので、良い記事を書く才能というよりも、書く事になんらかの「楽しみ」を感じる人しか、稼ぐことはできないと思いますね。

 

いずれにせよ、自分に適した「副業」をみつけ、精神的にも、肉体的にも、余裕が有る中でやっていくことが、「継続」して収入を得ることができるコツだと思います。

 

無理して、「お金を稼がなきゃ」と思うと、本業に影響をきたしてしまいますし、そもそも人生の目的が「お金を稼ぐ」になっちゃって、面白くないですからね。

 

海外株投資のススメ

 

あと、手取り収入が下がっている、今の時代に資産を高める方法があるとすれば、「資産運用」だと思います。

 

自分自身が働いて得た収入の一部を、資産運用を行い、お金に働いてもらうことで、資産の最大化を目指します。

 

日本は、将来の見通しが暗く、投資対象として考えると、難易度が高くなってしまいますが、別の視点で考えると、サービスを利用する環境は非常に充実しています。

 

インフラ環境も整っていますし、様々な資産運用の商品が存在していますからね。

 

その中で、自分に適した金融商品を選ぶのが、最も良いと思うのですが、私は「株式投資」をおすすめします。そして、そんな株式投資の中でも、日本株ではなく、米国株の運用をおすすめしますね。

 

日本株も、全てを否定するわけではないのですが、今後衰退していく国の企業ということで、収益を稼ぐのは難しくなっていくので、個人的には、難易度が高いように思えます。

 

そんな中、米国株は、これまでの成長性には実績もありますし、世界中で商売をしている企業がたくさんあります。そして、中国の台頭があるとは言え、世界の覇権国家にして、世界の政治と経済、文化の中心地であることも、投資妙味があります。

 

そして、米国に在籍している企業で、どの銘柄の株価が高くなっていくか、というのは難しいと思うのなら、ETFを購入して市場平均を狙うのが良いでしょう。

 

特に、投資の神様「ウォーレン・バフェット」もオススメしている米国の優良企業500社で構成された「S&P500指数」と連動したETFや、世界中の株式の98%を網羅した「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」や、人工知能などの次世代技術に期待しているのなら「パワーシェアーズQQQ」に投資するのも良いでしょう。

 

今は、十年以上前と異なり、様々な株式の商品が出ており、それほど金融や経済の知識を持っていなくても、株式投資で資産を増やすことができます。

 

日本人は、「株式」などのリスク資産を好まない傾向がありますが、これからは、こういったリスク資産を保有しないことが、大きなリスクとなり、場合によっては、貧困を享受せざるを得ない可能性もあると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>