リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

安易な転職は「貧困」へと導く・・・どの会社に転職しても不満が抑えれない人は自分自身に問題あり!

f:id:ryosuke1123:20180126232902j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

最近は価値観の多様化や時代の移り変わりによって、一昔前までは考えられなかったことが、現代では「普通」とされていることが多くあります。

 

女性の社会進出が一般的になり、建築現場やトラックの運転手、バスの運転手など、これまで男性が仕事をしていることが当たり前だった仕事にも、女性の姿を多く目にするようになりました。

 

逆に、病院などの看護の現場などでは、男性が働いていることも目にしますよね。

このように「性別」に関係なく、様々な仕事に就けることになったのは時代背景の変化の移り変わりと言えるのかもしれません。

 

他にも、一昔前までは、一度会社に勤めると、定年退職するまで一つの会社に勤める、所謂「終身雇用制」が一般的でしたが、最近では「転職」が活発に行われ、一つの会社に居続ける人の方が少ないように思えます。

 

まあ、これの原因が人々の価値観の「多様化」というよりも、日本の経済力の低迷によって企業が給料を上げなかったり、リストラを簡単に行ったことで、会社に対する「忠誠心(言葉にするのも恥ずかしいですが)」が低下したせいなのかもしれません。

 

ところで、最近は夏休みが終わった絶望感からか、今年入社した新人が「会社を辞めます。」という話を耳にすることが多いんですよ。

 

有難いことに、私の所属している会社では、ほとんど新入社員を取らないし、私の周りにも新人もいないので、なにかマイナスなことがあったというわけではありませんが、お客さんやパートナー企業の方々から聞く限り、辞めている人も多いようです。

 

仕事なんて、人生のほんの一部であり、仕事だけの人生なんて真っ平御免ですが、それでも、働くことで得られる給料にって、生活スタイルや生活レベルが大きく左右されて
しまう以上、「転職」というものは人生の大きなものであることには、違いがありません。

 

転職の繰り返しは「貧困」への道を突き進む

 

<プロモーションドリンク>

 

 

そして、私はこのブログで何度も書いておりますが、安易な退職を否定している「派」です。なぜなら、ちょっとしんどい事や辛いことがあるだけで「会社」を辞めてしまうと、癖になってしまいますからね。

 

もちろん、どうしようもないブラック企業や、とんでもなく性格の悪い上司の下で働くことになったり、残業手当も出ないのに残業が山ほどあって、心身ともに崩壊するようなことになってまで、働き続ける必要はありませんけどね・・・。

 

ただ、会社で仕事をしていると、様々な人間関係に悩むことも多いですし、自分ではどうしようもできないようなトラブルに巻き込まれてしまうことだって、たくさんあります。

 

言い換えると、どこの会社に行っても、多少のしんどい事や辛いことはあるということです。例え、ホワイト企業であっても、人間関係が悪いところだってたくさんなりますからね。

 

安易な転職は、人生で「逃げ癖」を持ってしまうことになり、その後の人生で転職を繰り返してしまうことになります。そして良好な人間関係も構築できず、給料も上がらず、底辺に陥ってしまう可能性が高まってしまうように思えてなりません。

 

実は私の会社のパートナー企業から来ていただいている方も、京都大学という超名門大学出身なのですが、転職を繰り返してしまったことによって、給料が非常に安く、五流大学出身の私の収入とは格差がひどいです。

 

幼い頃から、色んなものを犠牲にしながら沢山の勉強をしてようやく超名門大学に進学したにもかかわらず、転職を繰り返すことによって給料が上昇しなかったのは可愛そうですが、自己責任以外の何物でもありません。

 

人生のどの地点の「ゴール」を捉えるのかは、人によっては異なると思いますが、少なくとも「大学入学卒業」がゴールというのはありえませんよね。

 

今の世の中では、普通のサラリーマンでも、様々な方法でお金持ちを目指すことができますが、ちょっとした挫折でくじけてしまう人が、収入を高めてお金持ちになるなんて、絶対に無理です。

 

人生はそれほど甘くありません。

 

今のような、様々なサービスが構築されて、逃げ道がある程度残されている世の中だからこそ、ちょっとした挫折くらい乗り越えて、成長することを目指す方が良いと思いますよ。

 

これから、間違いなく、日本に住んでいる国民は、試練の世の中になります。

 

一生懸命働いたところで給料もなかなか上がらないでしょうし、私達が高齢者になった頃には年金制度も崩壊しているかもしれません。

 

だからこそ、一つの会社をできるだけ継続した方が、メリットは大きいと思いますけどね。

 

私の友人や知人の中にも、転職を繰り返して、毎度自分自身が働いている会社を「給料少ない。」「人間関係悪い。」「残業多い。」「ブラック企業」などと言っている人がいますが、毎回そういった環境に身を置いているのであれば、自分自身に何か問題があるか、見つめ直したほうが、良いと思います。

 

不満耐性やストレス耐性が低いと、これからの人生辛い事ばかりの連続になることを考えると、人生を成功する秘訣は物事をポジティブに捉えることができる人なのかもしれませんね。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>