リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

女にうつつを抜かして会社をズル休みしてしまった私の末路!

f:id:ryosuke1123:20180727150756j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私達日本人はまじめで勤勉だと言われており、戦後廃墟の山から復興し、一時は世界二位の経済規模になるまで成長したのは、この「勤勉さ」もひとつの理由だと言われています。

 

ただ、私は外国人の人たちと一緒に仕事をする機会が多いのですが、個人的には彼ら(彼女ら)も真面目で勤勉だし、上昇志向も強くなんとかこの日本で給料を増やしていい生活をしてやろう、と考えている人も多いように感じます。

 

ですので、「俺らはほかの国の人達より頑張っている!日本はこれからも大丈夫」だなんて思っている人がいたら、それは間違っていると思いますよ。

 

ちなみに、「日本人は働きすぎ」だとも言われていますが、その真偽はともかく、日本人の有給消化率は、世界各国と比べてかなり低い水準にあるようです。

 

2016年に28ヵ国で行われた「有給休暇取得」に関する調査では、日本の有給休暇取得率は48%となり、最下位でした。

 

大企業はともかく、中小企業では最適な人員配置が行われていないケースも多く、なかなか「有給」を取れる余裕もないのでしょうね。

 

ところで私自身はというと、有給取得率90%を超えています・・・つまり、日本人平均と比較すると、かなり有給休暇を取得させていただいていることになります。

 

平均すると、月に1回~2回くらいは、有給休暇を取得している計算になりますね。

 

まあ、実際は、繁忙期を休むわけにはいかないので、落ち着いた時期にまとめて取ることが多いんですけど。

 

ちなみに、私の所属しているグループの他メンバーも、私同様に有給消化率が90%超えていますが、会社全体の有給消化率は、30%程度なので、グループ長会議(私、一応グループ長・・・えっへん)などでは、槍玉に挙げられることも多々あります。

 

まあ、グループ長である私が(自慢っぽくなってごめん)、先頭になって有給を消化しているから、なおさらタチが悪いんでしょうけど、今は時間を費やして仕事をするよりも、時間を効率的に使って、いかに楽するか考えないと、人手不足は補えないんですけどね。

 

特に私の働いている会社のような中小企業で給料もそれほど高くない会社であれば、慢性的に人手不足なので、「生産性が何よりも大事なことで、かつ働くモチベーションを高めるためには「休息」というのは非常に大事なものなんですよ。

 

それをうちの会社のトップは分かっていないので、偉そうな割にアホで馬鹿で仕事もできないクソ野郎だと、内心は馬鹿にしています(なんつって)。

 

ちなみに当たり前ですが、有給はとっていても、普段の仕事はみんな頑張っているので、スケジュール的な遅れもないですし、利益などの数値的な面もクリアしています。

 

ですので、嫌味言われる程度で済んでいますが、他のグループに比べて、たくさん有給を取っていることが、良く思われてないんでしょうね。

 

日本人独特の「みんなに合わせろよ」という意識なのか知りませんが、なんだかんだ言いながら、みんな仕事が好きなんだな・・・って思ってしまいます。

 

きちんと事前に周りの人やお客様と、調整さえできていれば、「有給休暇」はとってもいいと思うんですけどね・・・何度も言いますが、きちんと事前に調整が出来ていれば・・・ですよ。 

 

会社をズル休みした私の末路!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

唐突ですが、実は、先日、会社を休んでしまいました。

 

うちの会社は、今時珍しい「フレックスタイム制」なんですが、それでもコアタイムである11時には出勤しなければいけないんですよ。

 

そもそも、「裁量労働制」である私は、関係ないはずなんだけど、なんとなく守らなくてはいけないような風潮になっています。

 

なので、遅くても11時には出勤しなければいけないのですが、その日は起きたら・・・

 

10時55分・・・。

 

実はその日は、今いい感じになっている女性の家で遊んで、そのまま直行で会社に行く予定だったのですが、夜中遅くまでごそごそしていたら、寝るのが朝方になってしまって、 こんな時間に起きてしまったわけです。

 

ちなみにその子はその日休みです(だから前日ゴソゴソしていたってわけ・・・どうでもいいけど)

 

 

かと言って、グループ長である私(何度も自慢っぽくなってゴメン)が「寝坊しました。」なんて言えるわけがありません。

 

仕方ないから、すっげえしんどそうな声だして、

 

私「ずびばぜん。体調悪いので休ませていただきます・・。」

 

上司「そっか・・無理すんなよ。今日はゆっくり休んどけ。」

 

まさか、グループ長である私が、「ズル休み」なんてするわけがないからね。

これっぽっちも、疑われないっすよ。

 

今年話題を独り占めしたこいつが、脱北するのと同じくらいありえないですわ。

 

f:id:ryosuke1123:20170926211040p:plain

 つまり、私は事前になんの調整もしていないのに、寝坊したから急遽休む愚か者ってわけです。

 

とは言っても、突然の休暇が発生したので、真昼間からゴソゴソしたり、DVDを見たりのんびり過ごすことができました。ズル休みもたまにはいいですよね。

  

問題は翌日ですよ。

いつもよりも、仕事行くのが嫌だったのは言うまでもなく。

 

で、また、ちょっと体調が悪いふりして会社に行ったら・・・・


上司「大丈夫か?」

若者A「あんまり無理しないでくださいね。」

若者B「仕事手伝いましょうか?」


・・・・みんな超優しかったです。

 

なんか、罪悪感が半端ないですね。

このクソ忙しい時期にズル休みしてごめんな。おかげで色んな意味でリフレッシュできました。  

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>