リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

ボロボロになるまで働いてようやくリタイア生活した人の悲劇!せっかくお金持ちになってもこんな生活無理・・

 

f:id:ryosuke1123:20180115163850j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私は株式投資を行うことで、資産を効率的に最大化しています。

 

実は私は、自動的に資産が増えるような「基盤」があれば、リスク資産である「株式投資」なんてしなくても良いと思っていますが、サラリーマンとして働いている多くの人は、そんな「基盤」なんて持ってません。

 

そして少し毒のある言い方をすれば、多くの人は資産を自動的に増やす「基盤」を持つ努力もしていませんし、そんな夢みたいな話できるわけないとでも考えて諦めているのが現状だと思います。

 

最近になって、分かり始めたのですが、そういった自動的に資産を増やす「基盤」というのは、コツと要領さえ掴めば誰にでも手に入れることが出来るんですよね。

 

ただ、自分のやっている方法を公開すれば、競争相手が増えて、自分自身の利益が減る可能性があるからしないわけです。

 

ですので、自分自身が考えて、行動して、トライアンドエラーを繰り返して、チャレンジするしかないのですが、そういった手間が掛かるのが嫌なのであれば、リスクはありますが、「株式投資」をやるのが最も効率的だと思います。

 

「なぜ?」を3回問うと物事の本質が見えてくる?

 

ところで私の職場では、「なぜ3」という言葉があります。

 

何かしらの報告を受けた時や提案をされた時に「なぜ」という言葉を「3回」問うと、物事の本質を捕らえることができるとされているためです。

(正直、めんどくさ・・・いや、いや、勉強になってます。)

 

そこで、今回は、「株式投資」について、自問自答してみたいと思います。

 

(なぜ①)

私が、「株式投資」をしているのは、なぜか?

⇒効率的に資産を最大化させ、お金持ちになりたいから。

 

(なぜ②)

なぜ、お金持ちになりたいのか?

⇒経済的自由を得ることができ、安心・安全な生活と余裕のある生活を手に入れ、最終的には「早期リタイア」を実現したいから。

 

(なぜ③)

なぜ、「早期リタイア」したいのか?

⇒ストレスの原因となっている「会社」という組織に縛られなくてよいから。もしくは働きながらでは経験できない新しい生活が実現できるから。

 

・・・あれ?

なんか変な「なぜ3」になっちゃった。特に最後の「なぜ③」が変ですね。

こんな報告を上司にしたら、めっちゃ怒られるところですよ。

まあ、私の上司なら、もっとえげつない「なぜ」を入れてくるのですが・・・。

 

何が言いたいのかというと、私は、今すぐというわけではありませんが、いずれ「早期リタイア」したいんです。

 

でも、「なぜ早期リタイアしたいのか」「早期リタイアして、その後どうするのか」というのは、今ひとつしっくりくるものを、見つけれておりません。

 

定年退職したけど「仕事」やる気満々な人達の現実

 

<プロモーションドリンク>

 

 

さて、話が変わりますが、少し前に「経済産業省」が発表した調査によると、すでに定年した65歳以上の方たちは、『70歳以上になっても働きたい』という人が、6割以上いるそうです。

 

<<経済産業省発表資料引用 その1>>

f:id:ryosuke1123:20170612212300p:plain

 

私のような、生来の怠け者からしてみたら、「わざわざ年老いてまで仕事したいなんてオカシい」って感じです。

そういや、私の父も、70歳の最近まで働いてましたね。

でも、残念ながら、本人たちは、70歳以上も働きたいと思っていても、高齢者向けの仕事って、現状あまりないんですよね。

実際に、70歳過ぎても、常勤の仕事をしているのは、1割くらいなんだそうです。

パートを含めても2割くらいのようですね。

 

そして、7割の高齢者は、その他の「自治会などの活動」や「ボランティア」すらしていないそうです。

 

<<経済産業省発表資料引用 その2>>

f:id:ryosuke1123:20170612213137p:plain

 

では、残りの人達は何をしているかというと、

一日中テレビを見ている。

そうです。

 


<<経済産業省発表資料引用 その3>>

f:id:ryosuke1123:20170612213342p:plain

 

これまで一生懸命仕事をしてきて、まだまだ働く意欲もあるのに、現実は一日中家でテレビを見る生活をしている結果となっている・・・。

ボロボロになって、身を削って、心をズタボロになってまで働いて、それが終わったら、テレビをひたすら見るだけの人生・・・なんか哀れですね。

 

この結果はリタイアした後の「私」にしか見えない(泣)

 

 この結果は、決して他人事ではありません。

 

このエネルギッシュな高度経済成長期を支えた人達が、「まだまだ働きたい」という気持ちを持っているにもかかわらず、結果として、「テレビを見るだけの人生」となってしまっているのです。

 

これは、国が「働く意欲のある人々」を活かすための、施策が取れていないことが大きな原因ですが、各個人が「仕事」というものにしか、目線がいかなかったこともひとつの原因としてあるんだと思います。

 

前述したとおり、私は、まだ「早期リタイア」した後、「何がしたいのか」という「ゴール」を見つけれておりません。

そもそも今は、心が熱くなるような趣味すらありませんし。

 

そんな私が、仮に幸運なことに資産の最大化に成功し、「早期リタイア」したとしても、「テレビを見るだけの人生」か「漫画やゲームをするだけの人生」になってしまいそうです。(それはそれで良いような気もするけどね)

 

本当に当たり前のことなんですが、「資産をどうやって高めるか?」よりも大事な「人生をどうやったら楽しめるのか?」ということを、長らく忘れていました。

 

これから、「早期リタイアした後、何がしたいのか?」ということも、考えていきたいと思います。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>