リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

株式投資において絶対に投資してはいけない銘柄とは・・・

f:id:ryosuke1123:20170423130625p:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

皆様は、イギリスの自然学者「ダーウィン」をご存知でしょうか。

 

おそらくは学生時代に殆どの方が学んでいると思うんですけど、「進化論」を提唱した人物です。

 

そのダーウィンが言ったそうです。

この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。

 

最も頭のいいものか。

そうでもない。

 

それは、変化に対応できる生き物だ。

 

確かにそうですよね。厳しい自然環境に生き残るためには、移り変わっていく「変化」に対応できる生き物でないといけません。

 

人間社会も厳しいですが、まだ助け合いの気持ちが多少あります。しかし、自然界はまさに弱肉強食で、変化に対応できない弱者は淘汰されてしまいますからね。

 

では、企業が、生き残っていくために大事なことって何でしょうか。

 

「変化」に対応できる企業と対応できない企業

 

<プロモーションドリンク>

 

 

私の持論になりますが、これも「変化に対応できる企業」だと思っています。

逆に言うと、「変化に対応できない」企業は、生き残れないと思っています。

 

こういった「変化」に対応できない企業には投資してはいけません。

 

その良い例が、「IBM」ですよね。

かつては、IT業界の「巨人」と呼ばれるほどの、大きな力を持っておりましたが、今やその面影すらありません。

これは、従来型のITサービスからの先端のITサービスへ移行できていないからでしょう。

 

「AI(ワトソン)」や「ビッグデータ分析」、「クラウド」等の先進技術を保有しているにもかかわらず業績がよくないのは、まさに社会のニーズの変化に対応できていないと見るべきでしょう。

 

あと、日本企業全般的にも言えることです。かつては米国企業に並ぶほどの経済大国だったのに今の崩落ぶりは、まさに「変化」に対応出来なかったから、と言えるでしょう。

 

逆に、今、大きく収益を伸ばしている「マイクロソフト」や「Apple」、「Amazon」「Google」などは、社会のニーズの変化に、上手に「変化」出来た企業だと思います。

 

ただ、これらの企業が、今後も上手く変化に対応できるかというと、そういうわけではありません。「変化に対応」なんて、経営者でしたら、最も気にするべきところです。

 

それでも、企業に差が出てしまうのは、それだけ難しいところなんでしょう。

 

例えば「マイクロソフト」は、1990年代中盤から後半「Windows」発売によって、パソコン関連で大きなシェアと、収益構造を手に入れていたにもかかわらず、「スマホ」や「タブレット」で乗り遅れ、長い間停滞していましたからね。

 

最近はクラウドの分野で急成長し、株価も上昇しましたが、あの、マイクロソフトですらこのざまだったことを、忘れてはいけません。

 

また「Google(アルファベット)」も、検索エンジンの分野(収益は広告収入)で、大きなシェアを持っておりますが、次の事業の柱が見えておりません。

 

それだけ、「変化に対応する」というのは、難しいものなんだと思います。

 

では私たち「個人投資家」は、どうすれば良いのかというと、しっかりと企業の業績を確認し、企業のマイナスの「変化」を見逃さないことです。

 

私は、これから米国企業も厳しい時期を迎えると考えていますが、皆さんは今の相場・経済の「変化」をどう捉えていますか?

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>