リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

暴落局面で学んだこと・・・資産が減っていく中で考えたこと!

f:id:ryosuke1123:20180828194641j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私は、「株式投資」をはじめて15年ほどになります。この期間中、様々な投資法を試してみましたが、最も大きく変えたのは、運用銘柄を日本株から米国株に変えたことです。

 

今でこそ米国株への投資を行っておりますが、「日本株」を中心に運用していた期間の方が長いんですよ。

 

米国株を始めた頃は、米国経済はすこぶる順調で、ほとんど資産を下落させることなく、最大化し続ける事ができましたが、日本株をやっていた頃は、リーマンショックが起こったのもあって、凄く辛い時期も経験しています。

 

以下は、私が日本株の運用をしていた時期の中でも、特にボラティリティが激しかった時の日本株式市場のチャートです。

 

f:id:ryosuke1123:20170409113223p:plain

 

2005年~2014年までのTopixのチャートなんですけど、2005年から2006年までは右肩上がりで株価が上がっていったんですよ。

 

私もそれなりの資産を投入していたので、毎日、資産が高まっていくのを喜んでましたね。この幸せが永遠に続くと思ってましたよ。

 

でも、そんな上昇相場が永遠に続くわけがなく、2007年をピークに、坂道を転げ落ちるかのように、株価が下がっていきます。

 

これは、2008年に起きた「リーマンショック」の影響で、「日本株」は、長く低迷し、2012年まで下げ相場が続いたんですよね。

 

その時の「心情」はというと、

【2005年~2007年半ばの私(2年半)】

   株式投資なんて超簡単!

一瞬で億万長者になってやるぜ!

 

【2007年半ば~2012年の私(5年半)】

   「株式投資」って、ク○やな!!全然儲からんわ!まあ、それなりに資産つっこんでるから、続けるけどな(泣)

 

って感じでした。

 

つまり、最初の数年で、甘い汁を吸わせてもらい、その後、痛い目に合う・・・っていう、「詐欺」の常とう手段のような事態になってたんですよ。

 

その後、日本株は上昇し、それなりの資産を手に入れたわけですが、はっきり言って、再現性なんてありません。

 

「運」が良かっただけだと思っています。

 

でも、この「下げ相場」は、非常に多くの事を学ばせてもらいました。

 

下げ相場から学んだこと・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

それは、

 ・「勝つ」株式投資よりも、「負けない」株式投資の方が、自分に合うこと。

 ・「配当」は「下げ相場」の際に、心の支えになること。

 ・誰もが知っている「大型株」の方が安定していること。

 ・著名な投資家の「投資方法」は、再現性が難しいこと。

 ・日本株は難しく、私には合わないこと。

ですね。

 

当時の私は、「キャピタルゲイン」狙いで、

「新興株」を中心に投資しておりました。

このやり方は、当時有名だったブロガーさんのやり方を模倣したものです。

 

確かに「上げ相場」の時は、凄い収益を手にしましたよ。

1日で数十万円近く儲けた日もあったくらいです。

 

しかし、「下げ相場」の時は、地獄でした。

見る見る株価が下がって行き、MAXで元本の1/3くらいまで下がりましたからね。

 

そして、私の投資していた「新興株」は、今現在、ほとんど「上場廃止」しております(泣)。

 

それだけ、当時の私の投資方法は、非常にリスクが高かったんです。

 

人が成功した方法が、そのまま自分もできると、本気で思った結果、このような結果になってしまったわけです。

 

また、「下げ相場」の際の「配当」って

凄く心の支えになるんですよ。

株価は下がっている・・・でも、毎年お金が入ってくるというのは、凄く有難かったです。

 

その後、「米国株」の「S&P500」指数を見て、衝撃を受けました。

 

だって、もう何十年も成長し続けているんですから。

 

それから、「投資本」を読んだり、有名なブロガーさんのサイトを観たりして、今の再現性の比較的高い投資方針になりました。

 

それは、

 ・米国株、ETFを中心に投資すること。

 ・誰もが知っている「大型株」に投資すること。

 ・「配当利回り」が多く、可能なら「連続増配」を行っている企業に投資すること。

です。

 

このやり方を、3年間続けて、収益が出ており、米国株は、日本株よりも、敷居が低いものと実感しております。

 

私のような、「株式投資」の才能がないものには、うってつけだと思います。

 

なんせ、投資方法が誰にでもできる簡単なものですから。

 

ただ、油断は禁物・・・

「日本株」をやっていたころも、最初の数年は、調子が良かった・・。

 そして、これからも必ず「下げ相場」はやってくる。

 

その時に、自信をもって、自分の投資方針が正しいと

思えるように、勉強は続けていかないといけませんね。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションリンク>