リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

2018年の株式相場を振り返る・・・インフルエンサーを盲信するな!自分で考えて行動し自分で責任を取れ・・・

 

f:id:ryosuke1123:20171220211005j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

2018年も様々なことがありましたね。

 

冬季オリンピックやサッカーのロシアワールドカップなどの大きなスポーツイベントが開催され盛り上がりましたが、一方で、日本では地震や水害などの大きな災害が多発した年でもありました。

 

また、日産のカルロス・ゴーン元会長が逮捕されたり、中国大手通信会社ファーウェイの副会長が逮捕されたり、経済界でも色んな出来事がありましたが、特に個人投資家の皆さんが気になるのは、米中貿易戦争の行方ですよね。このリスクによって、大きな損失を被った人も多いかと思います。

 

個人的には、米中貿易戦争はある程度の落としどころはつけるかもしれませんが、今後さらに激化していくと考えています。かつて日本の台頭によって、米国が日本に対して様々な圧力をかけてきて、結果だけを見ると日本は米国に屈してしまい、勢いを削がれてしまいました。

 

まあ、この時の日本は米国に対抗しようとすらしていませんでしたからね。今もそうですが、日本は米国から「自立」できていなかったからでしょう。

 

ただ、中国は日本とは違い、自国の国益のためには米国に対抗せざるを得ないことを考えると、貿易戦争の問題は激化していくと考えています。

もちろん、どこか妥協点は探ると思いますけどね。

 

ですので、個人投資家はこういった大きなリスクと向き合って、どのようなやり方をしていくのか、しっかり考えていかなければいけないと思います。

 

もしかすると、「今」が大きな変換点となり、これまで通用していたやり方が、今後は通用しなくなるかもしれませんね。

 

他人を盲信するな、自分で考えて自分で責任を取れ!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

2018年の1月前半は、2017年の株価上昇の勢いそのままに株価が上昇しましたが、米国長期金利の利回り上昇により、高配当ディフェンシブ銘柄を中心に大きく下落しました。

 

その後、ハイテク銘柄を中心に株価が上昇し、市場平均を底上げしましたが、10月には米中貿易戦争や世界景気停滞懸念等、様々な悪材料が表面化し、株価は暴落しました。結局、株価は前年度を下回る結果となりました。

 

◆2017年日経平均とS&P500指数の騰落率

f:id:ryosuke1123:20181230123242p:plain

 

上記は、日本の日経平均株価と米国のS&P500指数のチャートですが、変動率の高い一年となっていることがお分かりいただけるかと思います。

 

10月の高値の際には、日経平均で+2%、S&P500指数は+7%を超えるパフォーマンスが出ておりましたが、結局終わってみると、日経平均が-14.5%、S&P500指数が-8.4%のパフォーマンスとなっております。

 

市場平均が年初来を下回ったのは、数年ぶりのことなので、最近株式投資を始めた方は、大きな損失を被ったことでしょうね。

 

特に、10月以降の下落は、-20%前後となっていますので、「株式投資」の怖さを改めて知った人も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、2018年のパフォーマンス予想は、たくさんのアナリストが「楽観的」な予想をしておりました。結局は、金融や経済についてたくさんの知識を持っている人であっても、将来の予想を当てることは難しい、ということですよ。

 

だれやねん、日経平均が3万円を超えるとか言っていた奴は(笑)。

 

私は、こういったアナリストの予想は、あくまで「参考」程度にしておくことが一番望ましい形だと考えています。 私も株式投資を始めた頃は、知識も経験も乏しかったので、アナリストの予想を間に受けておりましたが、結局大損ぶっこいちゃいましたからね(泣)。

 

そもそもアナリストは、自身の予想を外したとしても、責任を取る訳ではありません。むしろ、過激な発言をした方が、目立つことができるので、敢えて超強気や超弱気なことを言うケースだってあります。

 

「ビジネス」でも「投資」でも一緒ですが、自分が起こす行動は、自分で考えて、自分で行動し、自分で責任を取ることが大事だと思います。経験や知識が少なければ、不安になるのは分かりますが、なんの責任もとってくれないインフルエンサーを盲信してはいけません。

 

仮にアナリストや、ブロガーの言う事を、心酔して、大事な自分のお金をよく分からないものに投資した挙げ句、大損したときに、人のせいにするなんて、愚者の極みです。

 

知識が少なければ勉強すればよいし、経験が少なければ少額で運用すれば良いだけです。「株式市場」は逃げたりしませんからね。ゆっくりお金持ちになることを目指しましょうよ。

 

 

以前見たアニメで、「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」って言葉を、何度も繰り返しておりましたが、私達個人等投資家も、この言葉が当てはまると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>