リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「本当に辛かったら逃げてもいいよ」という言葉が鬼畜すぎる・・・逃げるは恥ではないが貧困に陥る

f:id:ryosuke1123:20180123195432j:plain

 こんにちわ、リョウスケです。

 

私たちが生活をするためには、会社という組織に入って仕事をし、収入を得なければいけませんが、仕事をすることで様々な経験をすることができます。

 

一方で、辛いことや悲しいこともありますよね。

 

例えば、完璧に仕事をこなしたはずなのに、上司やお客様に無理難題を言われて、せっかくこなした仕事が無に帰ることだってたくさんありますし、上司や同僚との人間関係に悩むことだってたくさんあります。

 

また、会社によっては長時間労働しているにも関わらず、その分の給料が支払われなかったり、仕事の拘束時間が長くプライベートの時間がない人だってたくさんいます。

 

仕事をしてお金を稼ぐというのは本当に大変ですよね。

 

「本当に辛かったら、逃げてもいいんだよ」なんて言う人は信用できない!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 

このように「仕事」というのは、本当に大変なわけですが、中にはそのしんどさに耐えられず心身共に病んでしまうケースも多々あります。

 

私自身も、多くの人が心身ともに壊していく姿を見てきましたよ。 

 

仕事なんて、お金を稼ぐための手段であって、かならずしも「義務」ではありませんので、体を壊してまでやるものではありません。

そもそも、「会社」は自身の利益が減ってくれば、ためらいなく「リストラ」を断行するわけで、会社という「組織」を守るためには、一社員という「個」なんて守ってくれませんからね。

 

本当に耐えられないほどの「辛さ」があれば、さっさと転職して、別の会社で新しい人生を送ったほうがいいですよ。

 

ただ・・・ちょっと矛盾するかもしれませんが、辛いことがあればすぐに逃げ出すんじゃなくて、ある程度は我慢して仕事を続けるべきだと思います。

 

というのも、私もこれまでたくさんの辛い出来事を経験してきて、何度も会社を辞めたいと思ってきましたが、歯を食いしばりながら踏ん張って、努力してきた結果、それなりの成果を出すことができ、グループのトップまで上り詰めることができましたからね。

 

私が若い頃は本当に要領が悪くて、人並み以下の仕事しかできなったにもかかわらず、努力と継続を続けただけで、多少なりとも「結果」を出すことができて、自信にもつなげることができたので、簡単に逃げ出すことはおススメできません。

 

 

 よく、インフルエンサー達は「本当に辛かったら、逃げたらいいよ」なんて、読者の好感度を上げるために優しい言葉を言いますが、超ド級の無責任な言葉ですよ。

 

この人達は、言うのは簡単ですが、本人が逃げ出した後、更に辛い人生を送る羽目になったとしても、何の責任もとってくれませんからね。ただただ、自分自身のために優しい言葉を言っているだけです。

 

実は、私が小学生の頃、色んな理由で、学校に行きたくない時期があって、親に休みたいと言っていたんですよね。でも、親は厳しい人だったので、休ませてはもらえなかったんですよ。

 

これって、一見すると、凄い鬼畜な親に見えますけど、「結果」として学校に行き続けて良かったです。

 

たられば論になっちゃうけど、この時に、学校を休んでいたら、もしかすると、そのままズルズルと学校を休み続けてしまい、引きこもりとかになっていたのかもしれない。

一度逃げてしまうと、そこから復活するのは、すごく難しいことだからね。

 

ですので、親にはこの時厳しく接してくれたことに感謝しています。

おかげで、その後の小・中・高・大学を楽しい学生生活を送ることができました。

 

 「逃げてもいいよ」というのは、一見優しい言葉に聞こえるけど、他人に簡単に言える言葉じゃないと私は思いますし、こういうことを他人に勧める人間は信用できないですね(親が言うのはいいと思いますけどね)。

 

人は弱い生き物なので安易な「逃げ」はクセになりますし、その後の人生に与える影響は測りしれません。近年はこの日本でも格差社会が広がっていますが、貧困に陥っている人は、目の前の「勉強」や「努力」から逃げ出した結果ですからね。

 

安易な「逃げ」は貧困につながるということを忘れずに逃げてください。 

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>