リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

同僚が会社を辞めて海外放浪の旅に出た・・・米国でも注目されている「F.I.R.E(早期リタイア)」を実現する方法

 

f:id:ryosuke1123:20171209161924j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

皆様は「F・I・R・E」という言葉をご存知ですか?

この言葉は最近アメリカで注目されているキーワードで、「 Financial Independence and Retirement Early」の頭文字をとったものです。

 

この言葉が何を意味するかというと、資産を増やしたり不労所得を増やすことで、経済的自由を手に入れ、アーリーリタイアを実現する、という意味です。

 

最近は日本でも早期リタイアを目指す人が増えていますが、これはアメリカをはじめとした先進国でも同じことが言えそうですね。

 

仕事をしていると、定期的な収入を得ることができますし、仕事をしているからこそ得られる貴重な経験によって大きく成長できる、というメリットもありますが、一日の半分以上の時間が仕事に奪われるというデメリットがあります。

 

「時間」は有限ですので、このデメリットは大きいですよね。

 

しかも上司や同僚、お客さんなど多くの人と関わることになるので、大きなストレスを抱えることになりますし、人として生きている以上やっぱり「自由」というものにはとてつもない価値があり、目指していきたいものでもあります。

 

「F・I・R・E(早期リタイア)」を実現するための方法

 

<sponsored link>

 

 

では、「F・I・R・E」・・・つまりリタイアする為にはどうすれば良いのかというと、大前提として大きな資産を手に入れる必要があります。

 

ではどれくらいの資産をつくればリタイアできるかというと、よく言われている目安が、「一年間の生活費の25倍」です。

 

例えば、1年間で200万円の生活費がかかるというのであれば、5000万円の資産を作れば良いということになりますね。

 

もちろん、ただ貯めるだけなら25年間で資産がゼロになってしまうので、インデックスファンドなどの低リスクの金融商品に投資することが前提条件となります。

 

ちなみに、アメリカの優良な銘柄で構成された「S&P500指数」というインデックスは、過去40年間の年間の利回りは8%だったので、一年間の生活費を上回る利益を得ることができています。

 

まあ、この利回りは出来すぎだったも知れませんが、生活費を資産運用の利益で補おうというわけです。

 

あと、5000万円という金額を聞くと、とても実現不可能な金額に見えますが、1年間の生活費を少なくすれば、リタイア前に用意する資産の額を減らすことができます。

 

ですので、リタイアを実現するためには、収入を高めて、節約に励み、資産運用で効率的に増やす、ということが大事になってくるわけです。

 

特に「家」や「車」は大きな出費となるので、この出費を抑えることができればその分、リタイアする為の資産を用意することが容易になってくるかと思います。

 

「車」に関して言えば、最近はカーシェアリングなどのサービスもありますので、車を保有してガソリン代や保険代、税金、メンテナンス代を払うよりも、必要な時に必要な分だけ利用する方が良いと思いますよ。

 

もし、自宅の近くにカーシェアリングのサービスが無ければ、思い切って必要な時だけ「タクシー」を使うというのもアリだと思います。

 

リタイアにも色んな形がある・・・

 

<sponsored link>

 

 

ところで、話は変わるのですが、以前一緒に仕事をしていた同僚の女の子が会社を辞めたんですよ。そんな彼女に「次の仕事は決まっているの?」って聞いたら、びっくりする回答が返ってきました。

 

なんと『海外で仕事をしながら、世界一周する。』とのこと。

 

というのも、彼女はこれまで働いて得た収入を様々な金融商品に投資し、お金を増やしていったそうです。

 

そして、今では年間「80万円」ほどの配当を貰っていて、この配当所得と海外で働いて得る収入で生活していく考えだそうですね。

 

ちなみにこういった生き方は以前から考えていたわけではなくて、その後出会った外人の彼氏さんに影響されて、こういった考えに至ったそうです。

 

彼女は、英語もペラペラだし、幼い頃から海外にはしょっちゅう行っていたので、生活水準もわかっておりますし、行動を共にする彼氏さんもこれまで色んな国で生活してきたそうなので、心配や不安は1mmもなく、ワクワク感が止まらないそうです。

 

彼女の計画では、まずはマレーシアやタイ、シンガポールといったアジア諸国を巡った後、ロシアに行って、色んな国を回って、最終的にはアメリカに行くそうです。

 

ちなみに、なぜ最後にアメリカに行くかというと、彼氏さんがアメリカ人だからです。

 

私は、あまりこのあたりの知識がないので、これで本当にやっていけるのか、わかりませんが、その時思ったのは「めっちゃ人生楽しそう・・・。」ってことですね。

 

せっかく生まれたからには、人生を楽しんで生きていけるように行動していきたいです。

 

彼女のような一つの会社に縛られず、様々な国を放浪し、色んな人と出会って色んな体験をしていく生き方には憧れますよ。

そして、これも、「リタイア」の一つの形なんじゃないかな、って思います。

 

彼女の「たった一つの人生、楽しんでやる!」という生き方を私も見習いたいと思います。

 

まあ、「海外への放浪の旅」というのは、私にはそこまでのパワー(気力)はないので、やらない・・・というよりも、できませんけどね。

 

それにしても、彼女は、外国人の彼氏さんと出会ったことが、色んな意味でターニングポイントになったようです。たった一人との出会いが、人生を変えるなんて、人の出会いって凄いですよね。

<sponsored link>

 

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ