リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

大企業で高収入を得ていても老後生活は苦しい!貧困老人にならない方法とは・・

f:id:ryosuke1123:20171211194948j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

現在の日本経済は2012年12月以降、景気拡大局面が続いており、過去最長と言われていた「いざなみ景気(6年1か月)」を抜いたと言われています。

 

しかし、これまでの景気拡大局面に比べると低成長ですし、米中貿易戦争や世界経済の減速など先行きの不透明感が強く、正式に景気拡大期間が認定されるのは1年以上先であることを考えると、今回の景気拡大期間最長は幻に終わる可能性もあります。

 

実際、景気拡大期間が世界最長と言われても、サラリーマンの給料は上がっておらず、生活が豊かになっている実感が無い人も多いのではないでしょうか。

  

ちなみに、2016年に内閣府が発表した資料によると、全世帯の「56.5%」の人が、生活が苦しいと答えています。

 

 ◆それぞれの世帯の生活意識

f:id:ryosuke1123:20170902205144p:plain

(引用)内閣府

  

特に「児童のいる世帯」だと「65.9%」の世帯が「生活が苦しい」と答えていて、さらに「母子世帯」だと、なんと「82.7%」の世帯が、「生活が苦しい」と答えています。

 

一人暮らしや夫婦二人だけの世帯は自分達の生活費さえ支払えば良いですが、子供を育てるためには、日々の生活以外にも教育費や習い事、遊び代など大きな出費が掛かりますからね。

 

一方で、「高齢者世帯」で「生活が苦しい」と答えている世帯は「52.0%」となっており、全世帯と比較すると、ほんの少しマシなようです。

 

これは子育てが終わり、家のローンなども払い終え、若い世代に比べると出費が少なくなるからですね。

 

とは言え「高齢者世帯」で生活が苦しいとかなり悲惨な生活が待っています。

 

高齢者は働き口も少ないですし、持病や加齢によって思うように働けないので、一度貧困に陥ってしまうと、復活する手段がなかなかありません。

 

ですので、若いうちに老後貧乏にならないように、準備をしておく必要があります。

 

両親に年金生活が経済的に苦しくないか聞いてみた・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで、私は40歳を超えておりますので、その親である両親も70歳を超えていて、すでに年金生活をしています。

 

前述しましたが、現代の高齢者の半数は「生活が苦しい」と答えるほど余裕のない生活をしているようです。

 

つまり、私の両親も貧しい生活をしている可能性もあるわけなんですよね。

 

ですので、先日、実家に帰った際、両親に「今の生活は苦しくないか?」と聞いてみました。

 

すると、答えは・・・・

 

『年金生活は厳しいに決まっている』

 

とのことでした。


ちなみに、私の父親は誰もが知っている超大手企業に40年間勤めていたので、そこそこ大きな退職金を貰っていたはずですし、福利厚生もかなり良かったはずなので、「国民年金」や「厚生年金」以外にも「企業年金」も貰っていたはずです。

 

そのことを父親に聞いてみると・・・。

 

『確かに、企業年金ももらっている』とのことで、老齢年金と合わせると合計で月当たり30万円弱もらっているようです。

 

ただ、それでも、年金生活は経済的に厳しいらしく、毎月2万~3万円くらいの赤字になっていて、年間30万~40万円程度の額を貯金から切り崩しているそうです。

 

それはなぜかというと・・・・。


『若い頃から続けてきた生活水準を落とすことができないから。』

 

たしかに、私の両親は、現役で働いている私よりも贅沢な生活をしております。

 

昔から、結構な頻度で旅行にも行っていましたし、最近も夫婦でハワイやヨーロッパに行ってました。

しかも、母はダンス、父はゴルフなどの趣味も精力的にやっています。

 

そして、それらは、父が定年退職した後も、継続して続けており、現役時代の頃から、出費はほとんど変わっていないようなのです。

 

私自身も、両親が年金暮らしになってしまったとは言え、質素倹約に励みまくって仙人のような生活をして欲しいとは思っておらず、老後を楽しみながら、悠々自適な生活な生活をして欲しいと思っています。

 

人生には生きがいが必要ですからね。

 

ただ、年金の範囲内でやるなら、問題ありませんが、毎月赤字だと、流石にマズイです。

 

しかも最近分かったことですが、持ち家の「修繕費」や「医療費」もかなりバカにならないようです。

 

今、現在、少しずつ生活費を改めていっているそうですが、現役時代の生活から、年金金額に適した生活にするのは大変なようです。

 

そりゃそうか・・・一度生活スタイルが決まってしまうと、なかなか辞めれませんもんね。

 

まあ、今なら、まだ貯蓄もありますし、問題ないと思いますが、自分の親に「老後破産」なんて絶対にさせませんので、これから私も両親の節約生活を監視していこうと思っています。

 

ただ、現在現役世代である私達が高齢になった時は、もっと大変かもしれませんね。

 

バブル期に現役世代であった父は、給料を今の現役世代と比べても、沢山もらっていましたし、年金や保険もそれなりに貰っております。

 

それに引き替え、前述のとおり私達の世代の給料は少ないですし、今後、少子高齢化社会が進むことによって、間違いなく今ほどの年金はもらえません。

 

 

 

そうなると、老後の生活スタイル云々以前に、現役時代に資産の最大化に取り組むことが必須と思われます。これからの時代は、「株式投資」などで、積極的にリスクを取る方が、将来的なリスクを押し下げると思いますよ。

<プロモーションドリンク>

 

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ