リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

資産を最大化できる最も有効な方法とは・・日本企業に就職し米国企業に投資する

f:id:ryosuke1123:20180727150756j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

近年、中国をはじめとした新興国が台頭してきており、日本などの先進国は世界的な地位を落としています。

 

今後こういった新興国は更に成長を続けるので、かつての先進国は世界的な地位や発言力を下げでいくでしょうね。

 

ただ、そんな中でも世界の覇権国家である米国の優位性は高く、これからも力強い成長を続けていくと思われます。

 

どのような分野でもトップに君臨しているものがその分野の絶対的なルールを決めることが出来ますが、世界の経済、政治、文化の中心である米国はその優位性を駆使して、世界のトップであり続けるでしょう。

 

それに米国を支える企業は世界の根幹を動かすレベルの企業が多いですからね。

 

ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」やヘルスケアの「ジョンソン・エンド・ジョンソン」、ICTの分野で世界のトップを走っている「アップル」「Amazon」「マイクロソフト」「Google」これらは全てアメリカの企業です。

 

そして世界のトップを君臨し続けた米国はその成長力も凄いです。

以下は、アメリカのメジャーな指数である「S&P500指数」のチャートの推移です。

 

◆S&P500指数チャート(1978年~現在)

f:id:ryosuke1123:20190421161334p:plain

 

上記は、1978年以降のチャートですが、右肩上がりで、成長し続けており、今もなお、最高値を更新し続けています。

 

チャートを見ると二度大きな下落が起きていますがこれは「ITバブルの崩壊(2000年~2002年)」と「リーマンショック(2008年~2009年)」です。

 

この2つは50%前後の暴落を起こしましたが、それでも数年で元の株価に戻り、更に最高値を更新し続けているわけです。

 

私は、数年前までは日本株のみで運用していたのですが、この右肩上がりのチャートを見て、「米国株」を始めることを決意したんですよ。

 

米国という国とそれを支える企業に投資することで、資産を増やすことができると確信できたからです。

 

日本企業に就職し、米国企業に投資する・・・これ最強!

 

<sponsored link>

 

 

ところで私の友人に米国の有名企業に転職した人がいます。

 

企業名はさすがに伏せますが、日本人の多くがこの企業のサービス(製品)を利用しているくらい我々にとっては身近な企業です。

 

彼はそこそこ能力が高かったし野心家でもあったので、実力主義とされる米系外資企業の世界で出世の階段を一気に駆け上がり高額収入を得てやる、と考えていたようです。

 

でもね・・・

入社して2年ほどした後、彼はこの会社を辞めました。

 

完全実力主義の世界で生き残るのは相当辛かったようです。

 

達成度を全て数値で評価され、出た結果が全てなので、実力のある人は高い給料と、より大きな仕事を任せてもらえますが、そうでない人は簡単に降格、下手すりゃ「クビ」ということもありえるようです。

 

日本で働くのも、決して楽なわけではないのですが、社員はある程度守られているので、減給や降格はともかく「クビ」なんて、よほどのことがない限りないですからね。

 

そして、日本人の私達が世界で類を見ないほど恵まれている環境にいることをあらためて知るべきです。

 

なぜなら社員に優しい日本企業で働いて得た「収入」を、激しい生存競争を生き抜いたビジネスマン達が働く世界でも超優良な米国企業に「投資」することができるからです。

 

今の時代自分自身が強い必要はまったくありませんし、なんでも自分自身がやる必要はありません。

 

強い人、強い企業に投資すれば良いだけです。つまり誰にでもお金持ちになるチャンスがあるというわけです。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<sponsored link>