リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

ETFの分配金利回りランキング50種を公開!高利回りETFに投資するメリットとは・・・

f:id:ryosuke1123:20180109201035j:plain

 こんにちわ、リョウスケです。

 

「株式」を保有していると「配当金」が貰えますが、これは「株式投資」をする上で面白い要素の一つで、そして投資家にとって銘柄を選考するうえで重要な要素の一つでもあるかと思います。

 

私は現在運用資金を日本市場ではなく、米国市場に上場している銘柄に投資していますが、これは米国企業が安定した配当金を出してくれる点も大きいです。

 

米国には貰える配当金を毎年連続して増配してくれる企業も多く、中には25年連続で増配している「配当貴族」や50年連続で増配している「配当王」なんかもゴロゴロしていますからね。

 

それだけ米国企業が株主還元意識が高いということと、安定した業績を出しているということです。ちなみに日本企業で25年以上増配している企業は花王一社だけですので、配当金を重視するのなら米国への投資に大きなメリットがあることがお分かりいただけるかと思います。

 

ただ日本の投資家にとって米国企業はよく知らない企業ですし、そもそもリリースされる投資家向けの情報も英語で書かれていて分析するのが難しいというデメリットがあります。

 

そこでおすすめしたいのが「ETF」です。最近はこの「ETF」も様々な銘柄が販売されていて、S&P500指数といったメジャーな指数と連動したETF以外にも、セクターと連動したETFや全世界の株式と連動したETFなど様々なものがあります。

  

当然、この「ETF」も分配金という形でインカムゲインを得ることができますので、「ETF」を選択するうえで分配金の利回りを重視される方も多いかと思います。

 

そこで、今回は、バンガード社の提供しているETFの分配金利回りの高いランキングベスト50を調べました。

 

バンガード社が提供しているETFの分配金利回りランキング50種

 

<プロモーションドリンク>

 

 

以下は、バンガード社が提供しているETFの分配金の利回りが高い50銘柄をランキング形式で表にしたものです。

 

◆バンガード社ETFの分配金利回りランキング

順位 ティッカー 銘柄名 配当 利回り(%)
1 VWOB バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF 4.25%
2 VCLT バンガード・米国長期社債ETF 3.76%
3 BLV バンガード・米国長期債券ETF 3.61%
4 VGK バンガード・FTSE・ヨーロッパETF 3.51%
5 VCIT バンガード・米国中期社債ETF 3.14%
6 VYM バンガード・米国高配当株式ETF 3.10%
7 VDE バンガード・米国エネルギー・セクターETF 3.09%
8 VEA バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF 3.08%
9 VPU バンガード・米国公益事業セクターETF 3.03%
10 VEU バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETF 2.96%
11 BNDX バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり) 2.95%
12 VXUS バンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF 2.90%
13 VPL バンガード・FTSE・パシフィックETF 2.87%
14 VMBS バンガード・米国モーゲージ担保証券ETF 2.87%
15 BIV バンガード・米国中期債券ETF 2.82%
16 BND バンガード・米国トータル債券市場ETF 2.82%
17 EDV バンガード・超長期米国債ETF 2.75%
18 VCSH バンガード・米国短期社債ETF 2.69%
19 VGLT バンガード・米国長期国債ETF(VGLT) 2.64%
20 VDC バンガード・米国生活必需品セクターETF 2.64%
21 MGV バンガード・米国メガキャップ・バリューETF 2.64%
22 VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF 2.58%
23 VTV バンガード・米国バリューETF 2.58%
24 VSS バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF 2.40%
25 VTIP バンガード・米国短期インフレ連動債ETF 2.40%
26 VOE バンガード・米国ミッドキャップ・バリューETF 2.36%
27 VOOV バンガード・S&P500バリューETF 2.36%
28 VONV バンガード・ラッセル1000バリュー株ETF 2.29%
29 VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 2.19%
30 VGIT バンガード・米国中期国債ETF(VGIT) 2.15%
31 VFH バンガード・米国金融セクターETF 2.14%
32 BSV バンガード・米国短期債券ETF 2.11%
33 VGSH バンガード・米国短期国債ETF(VGSH) 2.05%
34 VBR バンガード・米国スモールキャップ・バリューETF 2.03%
35 VAW バンガード・米国素材セクターETF 2%
36 VV バンガード・米国ラージキャップETF 1.95%
37 MGC バンガード・米国メガキャップETF 1.94%
38 VOO バンガード・S&P500ETF 1.93%
39 VIG バンガード・米国増配株式ETF 1.91%
40 VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 1.77%
41 VONE バンガード・ラッセル1000 ETF 1.76%
42 VTWV バンガード・ラッセル2000バリュー株ETF 1.76%
43 VHT バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF 1.74%
44 VIS バンガード・米国資本財・サービス・セクターETF 1.68%
45 VTHR バンガード・ラッセル3000 ETF 1.63%
46 VOX バンガード・米国電気通信サービス・セクターETF 1.60%
47 IVOV バンガード・S&Pミッドキャップ400バリューETF 1.57%
48 VIOV バンガード・S&Pスモールキャップ600バリューETF 1.56%
49 VO バンガード・米国ミッドキャップETF 1.53%
50 IVOO バンガード・S&Pミッドキャップ400 ETF 1.53

 

分配金の利回りとしては「株式」よりも「債券」のETFが高くなってきます。

 

ただ、新興国債券は特に利回りが高いですが、新興国の債券は信用度も低く、リスクが高いのあまり投資にはおすすめできません。

「債券」でおすすめできるのは「米国」の債券ですね。

例えば米国長期債券ETFの「BLV(分配金利回り 3.76%)」や、米国中期債券ETFの「BIV(分配金利回り 2.82%)」ですね。

あと、米国トータル債券市場ETFの「BND(分配金利回り 2.82%)」なんかは、ボラティリティも低く、初心者でも投資しやすい銘柄です。

 

「株式」を見てみると、オススメなのはなんといっても「高配当ETF(VYM)」ですね。利回りも3%を超えています。この銘柄は株式の中でも高配当の銘柄で構成されていますし、構成されている企業も優良なものが多いので、保有していて安心です。

 

株式の場合、インカムゲイン以外にもキャピタルゲインの期待も大きいですが、昨今の世界的な状況を見ると多くのリスクが顕在化していて、近い将来大きな暴落が訪れる可能性も考えられます。

 

年齢が若かったり、資金が少なければ、引き続きキャピタルゲインを重視した投資方法を行っていても問題ないと思いますが、年齢が高かったり、運用資金が高いとなかなか大きなリスクが取れないので、「配当金」を重視した投資を目指すことも考えなくてはいけません。

 

暴落時には、なかなか新規で投資することもできませんし、そもそも多くの悲観論が出てくるので保有し続けることも難しくなってきます。そんな時に、キャピタルゲインではなくインカムゲインを重視していれば、株価下落はむしろ買い時と思えますからね。

 

そして過去の経験則では米国市場において株価が戻らなかったことは一度もなく、必ず元の株価に戻り、最高値の更新を目指しています。インカムゲインを重視していれば、暴落時に多くの株を仕込めるので、結果として資産の最大化に成功すると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>