リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

株式投資歴20年の私が厳選したおすすめ銘柄とは・・・

f:id:ryosuke1123:20180829154247j:plain

 こんにちわ、リョウスケです。

 

 

最近は企業の業績も良く、有効求人倍率や失業率も非常に良いものになており、一見好景気に見えますが、私たちのような普通のサラリーマンの給料はそれほど上がっておりません。

 

そして、現在のような景気が良い状況がいつまでも続くと考えている人はほとんどおらず、特に収入の減少や、年金制度の縮小などの問題は多くの人が不安に思っているかと思います。

 

このような金銭面での不安から、少しでも資産を殖やそうと「株式投資」に興味を持つ人たちが増えてきているようです。私も株式投資をやっておりますが、相談しに来る人も多いです。

 

ちなみに「株式投資」に関する相談の中で最も多いのが「何を買ったら良いのか分からん!」ってものですね。

 

 

株式投資を始める段階で最も最初にぶつかる疑問だと思います。私も最初は何を買えばわからず、既に株式投資を始めていた友人に聞いたり、インターネット上で有名なブロガーが保有している銘柄を真似したりしていました。

 

ただ、私が株式投資を始めた頃に比べると、運用できる銘柄が格段に拡がっており、 極端な事を言うと、それほど株式投資を勉強しなくても投資することができます。

 

例えば、私は、上記のような質問をされたら、「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」をおススメしています。

 

以下は、「VT」について書いた記事です。興味のある方は見ていただけると嬉しいです。

www.longamerikastock.com

 

このETFは、「世界中で上場している株式に分散投資できる」ETFです。

世界中に上場している98%の株式をカバーしているので、究極の分散投資をおこなうことができます。

 

 

ただ、一つだけ難点があるとすればニューヨーク証券取引所に上場している銘柄なので、日本人にとっては少し敷居が高いように思われるんですよね。

 

例えば、この「VT」を購入するために、通貨を「円」から「ドル」に変えなきゃいけないけませんし、証券会社の口座によってはイマイチ分かりにくかったりします。

 

そのような問題を解決したのが「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」です。

 

  

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」のメリット・デメリット

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 

 

 

 

 

これが、なんなのかというと、前述の「VT」を買い付ける投資信託です。

 

以下は、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の構成銘柄です。

 

◆保有上位10銘柄と純資産総額に占める割合

Microsoft Corp. 1.70%
Apple Inc. 1.60%
Alphabet Inc. 1.30%
Amazon.com Inc. 1.30%
Berkshire Hathaway Inc. 0.80%
Johnson & Johnson 0.70%
JPMorgan Chase & Co. 0.70%
Facebook Inc. 0.70%
Exxon Mobil Corp. 0.60%
Pfizer Inc. 0.50%
純資産総額に占める上位10銘柄の割合 9.90%

 

また、国別の構成比率は、以下の通りです。

 

◆国別構成比 上位10カ国

米国 53.80%
日本 8.00%
英国 5.60%
中国 3.10%
カナダ 3.00%
フランス 3.00%
ドイツ 2.70%
スイス 2.60%
オーストラリア 2.20%
韓国 1.60%

 

基本的には、「VT」と同じ銘柄で構成されています。

 

ちなみに、「楽天」と名が付いていますが、「楽天証券」のみで買えるというわけではなく、様々な証券会社で購入する事ができます。

 

この「楽天VT」のメリットは、以下のとおりです。

 

「ドル」に変えることなく「円」のまま購入することが可能

 日本株を中心に投資している人や株式投資初心者の方はドルに変えることがめんどくさかったり、難しいイメージを持ってしまいますがこの「楽天VT」は円のまま購入することができます。

 

 

②購入単価が安い。

 楽天VTは100円単位で購入することができますので、少額からでも運用できるメリットがあります。

 

③手数料が安い。

「楽天VT」を購入する際の手数料はゼロですし、「分配金」は自動的に再投資されますので税金が掛かったり、手数料を支払うことはありません。

 

 

以上がメリットです。

 

ただ、世の中にはメリットだけが存在しているものなどありません。

当然、デメリットも存在します。

 

それは、「信託報酬」が「VT」に比べると、高くなってしまうことです。

 

VTの信託報酬は、「0.10%」ですが、楽天VTの信託報酬は、「0.2196%」と、倍以上の差が発生しています

 

この差は、運用資金額や、運用期間によって、資産の最大化に大きな影響を与えます。

 

また、日本で働いている人々は、給料などが「円」で支払われているはずです。

つまり、ほとんどの資産を「円」で保有している人にとって、さらに「円建て」で資産を保有することも、「資産の分散」という意味にとっては、少しリスクがあるように思えます。

 

とはいえ、超リスクが低く、手間もかからない優良商品ですので、メリットとデメリットを受け入れた上で、投資すれば、良い結果を得ることが出来ると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチっ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 <sponsored link>