リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

金融庁「老後資金2000万円足りない」に批判殺到・・・高齢化社会に備えてお金を増やす方法

f:id:ryosuke1123:20171130220553j:plain

 

こんにちは、リョウスケです。

 

近年は医学の進歩や人々の健康への意識が高まったことによって、日本人の寿命は急速に高まってきております。

 

戦後まもない1947年の平均寿命は男女ともに50歳強でしたが、現在は男性が81歳、女性が87歳まで伸びており、政府が提唱している「人生100年時代」は現実的なものになりつつあるようです。

 

そうなるとこれまで当たり前とされてきた老後のライフスタイルでは貧困老人への道へと進むことになる可能性があります。

 

例えば、仮に近い将来、平均寿命95歳まで寿命が延びるとして、これまでのように65歳で定年退職するのなら、30年もの間年金だけで生活をしなければいけませんからね。

 

これは金融庁も警鐘を鳴らしていて、夫婦が95歳まで生きるには約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示しています。

 

この「2000万円足りない」という数値の根拠は、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼った生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとしています。そして、65歳の年金受給から20年生きると1300万円、30年だと2千万円が不足する計算となるようです。

 

この発表に「2000万円も貯めるなんて無理に決まってるだろ!」とか「高い年金を払ってきたのに2000万円も足りないってどういう了見だ!」といったように、世間では非難の嵐がでております。

 

ただ、ここで大事なのは政府を批判することではなくて、社会保障制度が崩壊の危機にあることを認めて、個人レベルで対策をとることです。 

 

政府を批判しても現実的には何も変わりませんし、苦労するのは結局「自分」ですからね。「政府が悪い」「社会が悪い」「企業が悪い」とか批判しまくることに注力し、何も対策をとらないというのは最強の愚行です。

 

サラリーマンの給料も頭打ちになっている現代に、まずやるべきことは「お金の増やし方」をきちんと理解しておくことです。

 

「副業」をやることに特別なスキルはいらない

 

<sponsored link>

 

 

金融庁が発表した「老後生活は2000万円不足する」というのはまだ序の口で、今後少子高齢化社会が進むことによって、年金受給年齢が高まったり、年金受給額そのものが減っていくことが考えられますので、現在現役の20代や30代、40代の方々はさらに不足する金額が増えていくことになるでしょう。

 

このように、私達の住んでいる日本の未来は暗黒に包まれていますが、有り難いことに日本は世界有数の先進国で、様々な手段でお金を増やすことのできる環境が整っていて、サラリーマンとしての収入以外にも様々な手段でお金を増やすことができます。

 

例えば、最近政府が推奨している「副業」なんかもその一つですよね。アフィリエイトやポイントサイトを活用することによって、収入を得ることができますし、今やっている「仕事」で活用している技術、例えばプログラミングや英会話の能力を使って、フリーランスとして活動し収入を得ることができます。

 

あと、もし仕事でマネージメントをやっているのなら、こういったフリーランスの方々を雇って自分自身のアイデアを形にして収入を得ることができますよ。

 

私も普段の仕事ではマネージメント業をやっておりますので、そういったスキルを活用して副業収入を得ています。例えば、私はアフィリエイトサイトを複数保有していますが、これらは全て分業でフリーランスの方々にお任せしています。

 

記事を書く人、サイトのデザインを考える人、サイトそのものを構築する人、これらの技術を高度に有している人を雇い、分業してやってもらうことで、それぞれ高いレベルのサイトを運営することができ、私はほとんど手を動かさずに収益を得ることができています。

 

今は個人が全ての技術を身につける必要はなく、マネージメントスキルを身につけておけば、高度な技術を身につけている人を雇い、大きな収入を得ることができますよ。

 

「資産運用」で老後に備える

 

<sponsored link>

 

 

あと、副業以外でお金を増やす方法もたくさんありますが、その中で最も効率的に増やすことができるのは株式投資をはじめとした「資産運用」です。

 

資産運用をすることで、自分自身は本業を頑張ったりプライベートを楽しんでいる間に、「お金」が働いてくれてお金を増やしてくれます。

 

「資産運用」には株式投資や不動産投資、銀行預金など様々なものがありますが、この中でも「株式投資」がおすすめです。

 

特に最近は政府も「NISA」や「つみたてNISA」などの非課税制度を作って、銀行貯蓄から資産運用へと資金を流そうとしており、個人投資家達も「非課税」の制度を利用することで、効率的な資産形成が行えますので、利用した方が良いです。

 

また、最近は、米国株や中国株などの海外株への投資も簡単にできますし、S&P500指数と連動したETFなど、市場平均そのものにも投資することができます。

 

さらには、世界中の株式に分散投資できる「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」なんてものもあり、もはや「株式投資」について、あまり勉強しなくてもパフォーマンスが出せる金融商品まで出ていますからね。

 

こういったバリエーションの豊富さによって、各個人に合った最適な商品に投資できるようになったのは、素晴らしいことです。

 

言い換えると、投資の幅が標準的に広がったと言えるでしょう。

 

お金に働いて貰い、効率的に資産を増やす。

 

これが簡単にできる世の中というのに、「やらない」というのは、勿体ないと思いますよ。

 

 仮に、投資資金が無いというのなら、節約するか、アルバイトするなどして、月々3万円を浮かせれば、年間約40万円を用意しましょう。

 

そして、つみたてNISAを利用し、S&P500指数と連動したETFなど、年間利回り6%(過去のパフォーマンスより算出)の銘柄(金融商品)で、30年間運用すれば、1200万円の投資資金は3400万円になります。

 

前述のとおり、金融庁が「老後資金2000万円足りない。」というのであれば、十分に補うことができますよ。しかも、投資資金が増えれば、増えるほど、大きな資産となります。

 

人生100年時代を迎えた現代では、これまでのライフプランでは通用しなくなることは間違いないです。副業、資産運用に限らず、自分自身が現在置かれている危機をしっかり意識し、資産を増やすための行動をとることが大事になってくると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<sponsored link>