リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

こんなやり方では一生儲からない・・・株式投資で絶対にやってはいけない行動

f:id:ryosuke1123:20171015154210j:plain

 

こんにちは、リョウスケです。

 

私は20代の頃から株式投資をやっておりますが、同世代で同じように投資の世界に足を踏み入れている人はまだほとんどいませんでした。

 

ネット上には、銘柄の情報や投資手法について書かれているものはたくさんありましたが、現在のように再現性が高く優良な情報というのはあまりなかったように思えます。

 

その為、私が投資を始めた当初は有名なブロガーのポートフォリオを真似することから始めています。

 

当時に比べると現在は、優良な情報も多いですし、何よりも証券会社が扱ってくれるサービスや銘柄が増えてきたことによって、投資の幅が広がったのは個人投資家にとって有難いことです。

 

ただ、だからといって必ずしも利益を出せるというわけではなく、自身の投資判断から様々なことを学び活かしていく必要があります。

 

私も、株式投資をやっていた20年の間、上昇相場も経験しましたし、ライブドアショックやリーマンショックなどの「暴落」局面も経験しました。

 

そして、数年前から日本経済に限界を感じ、ポートフォリオを「米国株」を中心に変更しましたが、今もなおジタバタしながら経験を積んでいます。「学び」に、終わりはないですよね。

 

投資家は、目先の株価を気にしてしまう

 

<sponsored link>

 

 

ところで「株式」は銀行貯蓄などと違って元本を保証してくれるものではなく、日々の株価によって自分自身の資産も変動していきます。

 

せっかく資産を増やすために株式投資を始めたのに、大きく損をしてしまう可能性だってありますので、投資家は目先の「株価」を気にしてしまうんですよね。

 

ただ、長く株式投資を経験している人は、「株式」がボラティリティの高い運用先ということを身を持って知っているので多少の下落では狼狽なんてせず、むしろ買い増しチャンスと捉えた方も多いかもしれません。

 

下落局面は株式を安く買うことが出来るので、資産を増やす最大のチャンスなわけですが、初心者は損失に怯えてなかなか行動ができない一方で、長く経験している投資家は行動を起こすことができるので、このあたりが「経験」の大事な点だと思いますね。

 

ただ、数十年に一度起こるような、例えば-50%の大暴落が起きると、殆どの人は、これまでの経験値なんて関係なく動揺したり狼狽してしまいます。

 

「株式投資」では「長期投資」が基本とされておりリスクを減らし、効率的な資産形成を行うことができますが、それでも現実的に「長期投資」を行い続けている人が少ないのは、暴落局面で狼狽売りしてしまうからです。

 

これまで上昇相場では「長期投資最高ー!」「永久保有こそ至高!」と言っていた人でさえ、「下落局面」では、簡単に投資手法を変えてしまいますからね。

 

まっ、これはある意味仕方ないことです。

人はそんなに強い生き物ではありませんからね。

 

中途半端な長期投資ほどリスクは高くなる!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

日本では「株式投資」に馴染みが少なく、ご自身が「株式投資やってるよ」なんて言ってしまうと微妙な顔をされることも多いかと思います。

 

実際、日本では「株式投資をしている人の9割が損をする。」と言われているくらいですからね。そして、株式投資の多くが結果として損失を抱えて退場して言っているのが現実です。

 

これは、直近20年の日本の経済状況が非常に悪かったということと、「上昇相場」と「下落相場」でコロコロ投資方針を変えてしまう人が多いからだと個人的には解釈しています。

 

株式投資の初心者向けの書籍には「長期投資を心がけよ」とよく記載されていますが、中途半端な「長期投資」は非常にリスクが高い手法です。

 

上昇相場では、保有し続けて、下落局面でも「含み益」が出ているうちは、安心して保有し続け、「含み損」がで始めたら、狼狽して「売却」する人は非常に多いです。

 

こんなやり方では、一生儲かりません。

ちなみに、「そんなことする奴いねえよ」と思うかも知れませんが、間違いなく存在しています。

 

なぜなら、私がそうだったから(泣)

そもそも私の場合、「長期投資」という言葉だけを意識して、その本質を理解していませんでしたからね。「長期投資」はそれに適している銘柄を選択しなければいけません。将来が悲観的な企業に「長期投資」なんてしてもこれっぽっちも意味がありませんからね。

 

ただ、「長期投資」に適している企業を選別するというのは、経済や金融の専門家ではない個人投資家ではなかなか難しいです。

 

その為、「長期投資」をおこなうのであれば、キャピタルゲインを狙いにいくのではなく、「配当金」を重視し、安定的な「インカムゲイン」が受領できる企業に投資することをおすすめします。

 

これだと、目先の「株価」を追いかけなくて済みますからね。

 

そして、米国株には、ドットコムバブル崩壊やリーマンショックを経ても、「増配」している企業がたくさんあります。

 

こういった企業は、「配当金」を出すことを経営方針にしているということなので、安定的な「配当金」をいただくことができます。

 

もし、「株価下落」というものに、精神的な耐性が少ない方や、狼狽する可能性が高いと自己認識ができている方に、「インカムゲイン」を重視する投資手法がオススメです。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 <プロモーションドリンク>