リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

老後生活費の不足分は2000万円じゃ済まない?!金融庁を批判している奴は馬鹿

こんにちわ、リョウスケです。

 

最近最もホットな話題なのは金融庁が「老後、年金だけに頼っていると2000万円足りなくなる。」提示した件ですよね。マスコミも連日この件について報道していますし、私の身の回りでも凄く話題になっています。

 

多くの人がこの件について批判しており、「2000万円なんて貯めれるわけねえだろ!」と怒り心頭です。まあ、個人的には「将来のことなんて何も考えてなかったから、老後の生活費が足りなくなる、なんていう当たり前のことすら気づけねえんだよ・・。」と思っているのですが私が変わっているんでしょうかね。

 

ところでこの「老後の生活費2000万円足りない」件ですが、少し進展がありましたので、紹介したいと思います。

 

 夫婦の老後資金として公的年金以外に「30年で2000万円が必要」とした金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)の報告書問題で、この報告書に採用された試算とは別に、金融庁が独自に「30年間で1500万~3000万円必要」とする試算を行い、WGに提示していた。麻生太郎副総理兼金融担当相は報告書を「公的年金で老後生活をある程度まかなえるとする政府の政策スタンスと異なる」としたが、金融庁も公的年金を補うのに必要な具体額をはじいていたことになる。

 

f:id:ryosuke1123:20190618075231p:plain

 

 金融庁の試算は4月12日のWGに「事務局説明資料」として提示。厚生労働省の課長が総務省の家計調査をもとに差額を月5.5万円程度と説明したのと同じ日となる。議事録によると、金融庁担当者が「私どもでどれぐらいの資産形成をしたらいいのだろうと、一つ試算した」と説明した。

 金融庁の試算は夫が65歳で退職後、夫婦2人で月25万円の生活費を軸に30年間支出する前提で行った。

 

 それによると、支出は総額9500万~1億1000万円で、収入は、厚労省が公表している厚生年金の標準的な年金額(2018年)を根拠に公的年金が月22万1000円として、30年で8000万円。退職金や私的年金(1000万~2000万円)にローン(最大1000万円)を加味してもまかなえない1500万~3000万円を「必要な資産形成額」と記した。

 

 同時に資料には「一律に必要な資産形成額を示すものではない」と付記。金融庁の担当者はWGで、退職金や私的年金がない企業に勤めている人や、国民年金だけの自営業者もいるとして「さらにどれぐらい必要かを各自で判断し、資産形成することが必要になる」とも説明していた。

 

 WGが6月3日にまとめた報告書では、金融庁の試算は使わず、厚労省が提出した根拠に基づき、「30年間で2000万円必要」と記述。金融庁の試算を採用しなかった理由をWG委員は「家計調査を基にしたほうが消費者から見て分かりやすいと考えたため」と説明する。

出典:毎日新聞より(Yahooニュース)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000001-mai-pol

 

先日提示された「老後30年間で2000万円足りない」という試算とは別に、1500万円から3000万円必要という試算をしていたことが分かりました。

 

老後2000万円問題で金融庁を批判している奴は馬鹿

 

<sponsored link>

 

 

今回の発表は「老後生活費の不足分は2000万円では済まない」というものではありませんが、人によっては2000万円では足りなくなる可能性が高いですし、特に現在現役で働いている私たちは2000万円の不足では済まないと思っています。

 

そもそも今回の一連の件については、世間の人々は悔しいかもしれませんが、金融庁が提示していることが概ね正しいです。だって現在でさえ年金を含めた社会保障制度が危機的状況なわけですから、さらに20年、30年経ってさらに少子高齢化が進んだら、年金なんてほとんど貰えなくなることが目に見えています。

 

今回の件では、政治家たちが火消しに躍起になっていますし、野党の政治家はこの件で攻勢を強めていますが、責任のなすりつけ合いの茶番劇にしか見えませんね。

 

この国の人間たちは他力本願の愚かな人たちばかりなので、政治家も官僚もはっきりと指摘してあげるのが正義というやつではないでしょうかね。

 

「おまえら民衆が子供を産まないから年金制度が崩壊しつつある!自分の生活費くらい自分でなんとかしろ!」ってね。

 

自分のケツは自分で拭くのが人間社会における当たり前のことなのに都合の良いことだけを他力本願するなんておかしすぎですよね。

 

正直言って、今回の一連の出来事は政治家も官僚も民衆もマスコミも登場人物全員アホですよ。

 

「私たちの老後はヤバイ!」この現実だけをみて、早いうちから淡々と準備していけば老後の生活費なんて何とでもなると思いますよ。

 

だって、人々は「2000万円も貯めるなんて無理!」なんて言っておりますが、私は2000万円なんて20代の頃に達成しております。年収300万円程度のワーキングプアもどきの私でも資産運用を駆使して貯めることができたので、誰でもできると思いますよ。

 

できるか、できないかではなく、やるかやらないかです。

 

以下は関連記事です。

www.longamerikastock.com

www.longamerikastock.com

 

 ▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 <sponsored link>