リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

【悲報】京都府警の警官が高齢者から1180万円騙し取ってFXで溶かす・・・資産を守ることも意識せよ!

f:id:ryosuke1123:20170828210141j:plain

こんにちわ、リョウスケです。

 

将来のことを考えると不安になり株式投資や不動産投資、外貨投資などの「資産運用」を積極的におこなって資産を増やそうとしている人も多いかと思います。

 

このような資産を高める行動は、老後も安心安全な生活を維持することができますし、何よりも自分自身の選択肢を増やす効果があるので、自分自身のためにもやっておくべき行動だと思います。

 

ただ、ひとつ忘れがちなのは「資産を増やす」だけではなくて、「資産を守る」ということも意識しておくべきです。

 

例えば、現代人のほとんどの人は、パソコンやスマートフォンを活用するケースが多いですが、会社で使用するものはそれなりにセキュリティーを維持しているかと思います。ただ、一方で個人で使用しているものに関してはほとんど対策していない、という人も多いのではないでしょうか。

 

これは非常に危険な行動で、もしも、ウィルスなどに感染して個人情報等が漏れてしまったら、その被害はとんでもないものになってしまいます。

 

パソコンやスマートフォンを利用してインターネットバンキングや証券会社を活用したり、ネット通販サイトなどでクレジットカードの情報を入力することも多いと思いますが、これらのIDやパスワードが漏れてしまうと、これまでコツコツ築き上げてきた資産は「無」になってしまうことも十分あり得る話です。

 

私はICT関係の仕事をしておりますので、同業他社の方と話をしたり研修を受けたりすると、意外と被害に遭っている人は多い印象です。そして一度失ったお金は二度と戻ってくることはないので、個人でもしっかり「資産を守る」ということは意識しておくべきです。

 

個人でできる対策でたかが知れていますが、さすがに「ウィルス対策ソフト」位はインストールしておくべきですよ。この程度の対策すらしていない人は、はっきり言って、全身にダイヤの装飾品を付けてスラム街などの危険地域をあるくようなもんですからね。

 

ちなみに私は「シマンテック」のウィルス対策ソフトを利用していますが、「トレンドマイクロ」や「マカフィー」など大手のウィルス対策ソフトを利用していれば問題ないと思います。 

<おすすめウィルス対策ソフト>

 

私は無料のウィルス対策ソフトは怖くて使えませんし、大手のウイルス対策ソフトを使っても、年間で見ればそれほど大した費用がかかるわけではありませんし、自分自身の大事な資産を年間数千円で守れると考えると安い出費だと思っています。

 

京都府警の警官が高齢者から1180万円騙しとりFXで溶かす事案発生

 

ところで「資産を守る」という意味ではコンピューターウィルス対策だけでなく振り込め詐欺などの特殊詐欺からも身を守らなくてはいけません。

 

警察が民間人に注意を呼びかけていますが、新たな手法で振り込むように誘導したり、いたちごっこのようになっています。

 

最近は、警察官による特殊詐欺もあり、もはや誰を信用したらよいのかわからなくってきていますよね。

 

<sponsored link>

 

 

先日も京都府警の警察官が高齢者から約1200万円騙し取って逮捕された事件がありましたからね。

京都府警山科署地域課の男性巡査長(38)=京都市中京区=が警察官の職務と称して伏見区の男性(78)の自宅を訪れ、現金1180万円をだまし取ったとして、府警捜査2課は15日夕、詐欺の疑いで、巡査長を逮捕した。

 

事件直前、男性は金融機関で高額の現金を引き出しており、金融機関から府警に「特殊詐欺被害の可能性がある」との緊急通報が寄せられていた。巡査長は通報への対応を通じて男性の資産情報を把握した可能性がある、という。

 

 捜査関係者によると、巡査長は伏見署地域課に在籍していた昨年11月ごろ、職務と称して京都市内の70代の男性宅を訪れ、「お金を預かっておく」などとうそを言い、現金1千万円をだまし取った疑いが持たれている。

 

巡査長は外国為替証拠金取引(FX)をしており、この取引で生じた損失の穴埋めに詐取した現金を充てた可能性がある、という。

 (出典)京都新聞

https://www.kyoto-np.co.jp/

 

高齢者から1千万円もの大金を騙し撮り、それをFXの取引で生じた損失の穴埋めに充てたって、中々の畜生ですよね。本当に許せない事件ですし、法を守る警察官が弱者から搾取するなんてあってはいけないことだと思います。

 

だって前述のウイルス対策ソフトのように対策の使用がありませんからね。誰も信じれなくなってしまう犯罪ですよ。しかも1000万円以上のお金を騙し取っておいて、FXの損失に補填するって、自己責任すら果たせていませんからね。 

 

そもそもFXは株式投資などと比べると、簡単にレバレッジをかけることができますし、株式以上に値動きが読めないことを考えると、非常にリスクの高い運用先です。いや、むしろ個人的には「投資」というよりも、「投機」に近いものですね。

 

ゆえにリスクが高い分、成功したときの利益が大きくなるわけですが、実際に成功した人はごくわずかな選ばれし者なんですよね。100人に1人・・・いや1000人に1人の成功した事例を夢見てFXを始める人も多く、「自分自身は成功する」と信じて、そして奈落の底に落ちていってしまうわけです。

 

堅実にやるのであれば、米国の「S&P500」と連動したETFなどに投資して、ゆっくりとお金持ちを目指すのが、最も確実ですよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<sponsored link>