リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

私が彼女に投資した総資金は「2000万円」!彼女いる人といない人で大きな格差が生まれる?

f:id:ryosuke1123:20180727150756j:plain

 こんにちわ、リョウスケです。

 

現代は技術革新の時代と言われており、日進月歩で技術は進歩していっております。

 

特にICT技術の発達は凄まじく、インターネットやスマートフォン等の登場により私達の生活は一変しているわけですが、今もなお新しいサービスや製品は次々と誕生しており、今となってはICT技術を活用しない生活等考えられないですよね。

 

Youtubeやネットフリックスなどの「動画配信サービス」を利用すれば、ドラマや映画、アニメなど様々な動画コンテンツを定額で見ることができますし、SNSで様々なことを発信することができます。

 

またゲームをインターネットにつなげれば世界中のユーザーと対戦したり、ともに遊んだりすることができますし、様々な「エンターテイメント」が多様化してきており、「楽しむこと」が尽きることがありません。

 

最近は若者の「恋愛離れ」が進んでいるとか言われておりますが、ここまで様々な意味で多様化が進んでくると、恋愛でめんどくさいことを経験するより他にも楽しいことがあるのである意味仕方が無いのかもしれませんね。

 

VRも凄い勢いで進化してきているので、近い将来擬似恋愛やアレも擬似的に出来る時代が来るかもしれませんね。そうすると一層少子高齢化が進んでしまうので、国を挙げて対策を考える必要があるかもしれません。

 

もしも人生で一度も恋人ができなかった場合どれくらいの資産が貯まる?

 

<プロモーションドリンク>

 

 

さて、今の若者が「恋愛離れ」が進んでいるわけですが、40代独身のおっさんである私は今もなお「彼女」は常に欲しいと思っていますし、なんだったら複数同時進行もアリだと思っているくらいです。

 

ただ「結婚」というものに興味などなく、私のようなクソ野郎の場合、生活を継続することができるわけがないので、ハイリスクノーリターンな行為だと思っています。

 

これからの生涯も適度にチェンジさせながら、一人や同性同士では経験できないことを一緒に楽しみながら生活をし、最後に私の面倒を見てくれた人には私の資産を全て差し上げようと思っています。

 

ところで私も40歳を過ぎていて、そこそこ彼女作りには力を入れてきましたので、それなりの経験をしてきました。当然、それなりのお金を使っているわけですが、ふと思ったんですよ。

 

あれ?もし俺に彼女できたことなかったら、どれくらいの資産が溜まってるんだろ?

 

<sponsored link>

 

 

私が、今まで何人とお付き合いしたかなんて、覚えておりませんが20歳位に初めて彼女ができて(遅咲きなんですよ)、現在の43歳までの23年間のうち基本的には常に彼女が居てたと思います。

 

そして、大体、週一位の頻度で会っていて、年に数回の旅行代や若い頃はほとんどお金が無かった一方で現在はそこそこお金を使うことを踏まえると、1回のデート代の平均が2万円程度だと思います(直感的にね)。

 

それを踏まえた1年間のデート代は以下のとおりです。

 

2万円 ✖ 4週間 ✖ 12ヶ月 =  96万円

 

まあまあ使っていますね。

そして、これが23年間定期的に出費していたと考えると、以下の計算で合計金額が算出できます。

 

96万円 ✖ 23年間   =2208万円

 

つまり私は彼女と色んなことを楽しんでいる間、彼女とお付き合いしたことがない人とは2200万円を超える格差が生まれていたわけですね。今流行りの「2000万円」は彼女を作らなければ簡単に実現できるというわけです。

 

ちなみに、年間「96万円」を利回り6%で23年間運用すると、最終的には「4770万円」にすることができます。

 

◆彼女とお付き合いせずに「資産運用」した場合

f:id:ryosuke1123:20190618120352p:plain

とんでもない数値ですね。彼女を作らず資産運用をした方が「資産形成」という意味でめちゃくちゃお得です。

 

ただ、だからといって恋愛なんてせず、資産運用だけに力を入れれば良いのかというとそういうわけではありません。

 

だって、男女なんて生物的には全然違う生き物ですし、一緒に遊ぶと楽しいじゃないですか!それこそ、ワンランク上の楽しさ、面白さ、悲しさ、苦しさを経験することができると思いますよ。

 

人生とはお金だけにあらず、人生を楽しむことも忘れてはいけません。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 <sponsored link>