リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

若さゆえの失敗・・・大学生カップルが電車の中で大喧嘩をしているのを見て学んだこと

f:id:ryosuke1123:20170909085049j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私も40代を超えてすっかり「中年」と言われる世代になってしまいましたが、若い頃から積み重ねていたことが今になって大きな力になっています。

 

例えば若い頃から「家計簿」を付ける事によって、普段どれくらいの金額を使用しているのか「見える化」することができ、出費を抑える習慣がミニ付きましたし、同じく若い頃から株式投資を始めることで、複利の恩恵を思いっきり享受し資産を高めることができました。

 

その結果、その気になったら会社なんていつでも辞めることができるような心の余裕を手に入れることができましたし、老後の不安も払拭することができるようになりました。全ては若い頃から積み重ねてきた結果だと思っています。

 

よくネット上では「何かを始めるのに遅すぎることはない」という手垢が付いてそうな言葉をよく目にしますが、「何かを始めるのは早いに越したことはない」に決まっています。

 

つまり若いうちに将来に活かせるようなスキルや習慣を身につけておくべきなのですが、若いうちって自分自身の若さが武器であることに気付いてないんですよね。

 

ホンダの創業者である本田宗一郎氏も自身の書籍でこんな事を書いています。

かけがえのない『若さ』も、それを自覚していなければ『豚に真珠』、『猫に小判』で、あってなきに等しい。

『若さ』を自覚してこそ、初めて苦しみに耐え抜く勇気も、明日への活力も湧いてくる。

だから私は若い人たちにまず『若さ』の価値を知るべきだと声を大にしていいたい。

 

ですので若いうちは様々なことにチャレンジして、失敗と挫折と挑戦を繰り返しながら、将来に役立てるスキルや週刊を身に付けて欲しいものです。

  

大学生カップルの喧嘩を見て過去の自分を思い出した・・・

 

<sponsored link>

 

 

このように若い頃から色んな経験を積んで将来に備えるべきだと思うのですが、若いゆえに経験不足なことから色んなことに失敗してしまいます。

 

まあその失敗が色んな「気付き」を与えてくれて成長に繋がるわけですが、その失敗を若かりし頃に同様に経験している年配者から見ると「そ、そんなことしたらアカン!」とやきもきしてしまうことも多くあります。

 

先日、会社が休みの日に所用があって電車に乗ったのですが、大学生くらいのカップルが口論をしていたんですよ。公衆の面前で喧嘩すること自体若さの証なのかもしれませんが、煩かったので私は少し離れた場所に座っていました。

 

しばらくするとそのカップルの喧嘩の声がどんどん近くなってくるので、周りを見てみるとカップルのうちの女性の方がグングン近づいてきて、私の真横に着座、追いかける彼氏もさらにその横に着座・・その日の電車はガラ空きだったのにもかかわらず、私の横に座って再び口論を始めたんですよね。

 

思わず私も「なんでやねん・・・。」って思ってしまいましたよ。

電車の中ではのんびり物思いにふけったり、スキマ時間を利用してお金儲けのことを考えたいのに、カップルの喧嘩が煩くてそんな気になれませんからね。

 

真横で喧嘩をしているので話がよく聴こえてくるのですが、どうやら彼女が彼氏に対して何か嘘をついたらしく、彼氏がそのことを指摘した結果、何故か彼女が逆ギレしているようです。

 

そして、その逆ギレに対して彼氏がブチ切れる、といった具合です。

この彼氏はかなり理屈っぽくて、理詰めで口撃しているのに対して、彼女の方はあまり口が達者ではないようです。

 

最終的に彼女はやたらと「お前キモイんじゃ」を連呼するだけでした。

 

いやあー、分かる、分かる、これってボキャブラリーが乏しくて、相手が傷つく言葉を連呼してしまうんすよ・・・俺も若い頃によくされました。

 

でも、これって凄く効果的な口撃で、特に理詰めで言ってくる人に対しては、まともなキャッチボールにすらさせてもらえないので、ストレスを与えることができ中々の攻撃力があるんですよね。まさに相手の土俵で勝負しない喧嘩です・・・カッコ悪いけど。

 

・・・で、そのまま喧嘩はしばらく続くんだけど、段々彼氏の怒りのボルテージは低下し彼女の怒りのボルテージはMaxのまま。

 

すると、彼氏が「そんなに怒んなよー」と言いながら、体を寄せて彼女の体をツンツン攻撃してるんですよ・・・俺の横で。

 

ちなみに、この彼氏、喧嘩の内容を聞いている限り、なにも悪くないです。

 

彼氏の方は時間が経ってすっかり怒りが覚めてしまい、仲直りしたいご様子・・・でも、今は分かるまい、一度火がついた女性の怒りのボルテージはなかなか下がらないことを・・。

 

そして、仲直りしたい側と、怒りまくっている側の気持ちの寒暖の差が、悲劇を引き起こすんだよ。

 

「パァーーーン!!」・・・彼氏が、彼女に思いっきりビンタされた音ね。

 

怒りまくっている彼女に対して、空気を読まず「ツンツン攻撃」したので、おもいっきりビンタされてました。すっげえ音しました・・・俺の横で。

 

いやー、でも、分かる、分かる。

俺も同じように、ビンタされましたよ。

 

相手の怒りのボルテージがわからないんだよね。

でも、これも、大人になるための試練の一つなのだよ。

 

まっ、さすがに、電車内とか、屋外でされたことはないけどね。そういう意味では、更なる希有な経験をしたわけだ。

 

なんか、私の子供の頃を見ているようで、大学生カップルの喧嘩は面白かった・・・。

 

それにしても電車の中で強烈ビンタはなかなか凄いですよね。

 

やっぱり、女性を怒らせると怖いわ。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<sponsored link>