リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

<sponsored link>

<管理人おすすめカード「楽天カード」>

・還元率が凄い!

 僕でも通算20万円以上ポイントが溜まったので、まだ持ってない方にオススメ

子育て中の新人を採用したら○○が原因で職場が荒れた!

f:id:ryosuke1123:20170923202107j:plain

こんにちは、リョウスケです。

 

現在の完全失業率は2.8%、有効求人倍率が1.98倍となっており、以前より若干悪くなっているものの、コロナ禍である事を考えると、雇用を維持できている方だと思います。

 

ちなみにリーマンショック時の有効求人倍率は0.4倍、就職氷河期時代(1990年後半~2000年前半)」の有効求人倍率は0.3倍、景気が良く超売り手市場だったバブル期の有効求人倍率は1.46倍だったことを考えると、現在は非常に求人が多いことがお分かりいただけるかと思います。

 

コロナ禍が落ち着くと、コロナ前のような人手不足が顕在化するのは間違いないでしょうね。

 

ちなみに人手不足でも会社は倒産する事もあり得るんですよ。

 

これは社員の離職や採用難によって人手が足りなくなり、業務に支障をきたしたことから収益が悪化し倒産に追い込まれてしまうからです。

 

大企業でそれなりの給与を提示できれば、現在のような人手不足の状況でも問題がないかもしれませんが、中小企業や零細企業は求人を出してもなかなか応募がなくて、人手が集まらない現状があります。

 

中小企業は大手に有望な人材を取られてしまい希望する人材に巡り会えない

 

<sponsored link>

 

 

私の所属しているグループは現在は採用活動をしておらず、仕事のボリュームによって協力会社にお願いしているので、採用難の苦労は経験していませんが、協力会社や私の会社の中でも他のグループは求人を募集しても中々人が応募してこない、なんて話をよく耳にします。

 

応募数が少ないということは、それだけ優秀な人間は給料が高い会社や規模の大きい会社に取られてしまうので、中々会社側が求めているような方に巡り会えないんですよね。

 

そういう意味では、景気が悪かろうが、良かろうが何かしらの苦労があるのが中小企業なんですよ。

 

ところで、私の働いている会社の中でも非常に忙しい部門があるのですが、少し前に一人社員として雇ったらしいのですが、ちょっと社内でも大きな問題になっているようです。 

 

その新入社員の方は既婚者の女性なんですけど、子供がまだ小さくて頻繁に病気にかかってしまいそうで、その度に会社を休むんだそうです。

 

小さいお子さんがいる家庭ではよくあることなんでしょうね。 

ただ、このように仕事を簡単に休んでしまうことから、この職場では大きな問題になっており、同僚のグループマネージャーが頭を抱えています。 

 

 

子育て真っ最中の新人を雇ったら大変なことに・・・

 

<sponsored link>

 

 

 

というのも、会社を休んでいるこの新入社員は「子供が病気なんだから休むのは仕方がない。」と言っているようで、一方他の従業員は「あいつ休んでばっかり!役に立たないからクビにしろ」と言っているんだそうです。

 

どちらの意見も正論なので、この同僚のグループマネージャーの心労はよく分かります。心情的には子供が病気なので休ませてあげたいですが、結局休んだ人のフォローをするのはその周りにいる人達で、自分の仕事だけでも大変なのに頻繁に会社を休まれると迷惑に感じてしまうのも理解できます。

 

しかも、自分で「子供が病気だから休むのは仕方ない。」だなんて言ってしまったら、フォローしている人もやってられないでしょう。

 

ちなみに、このグループマネージャーの同僚から「小さな子供がいる新人を採用する」という話を聞いた際に私は反対したんですよ。

 

絶対に頻繁に休むことは目に見えていましたし、仕事が忙しいから人を採用するのにもかかわらずそのフォローするのに人の手が掛かっていたら、余計に効率が落ちて生産性が悪くなるのは予想が付いていましたからね。

 

ただ、やはり私達のような中小企業は応募数が少なくて、こちらの求める人材と完全に一致する人なんておらず、少ない母数から色々妥協して選ばざるを得なかったんでしょうね。

 

いずれにせよ、これは子育てに忙しい新人さんや、古参の社員達に問題があるのではなくて、受け入れ態勢ができていないのに雇ってしまった経営者やグループ長に問題があります。

 

私なら絶対に雇いません。

だって、受け入れ態勢ができてないから、大きなトラブルになるのが目に見えているから。

 

そして、こういった受け入れ態勢を整えることができない会社は多いと思いますし、この少子高齢化の時代にもっとも子育てをしやすい環境を整えていなかければいけないのにも関わらず、それができない社会というのは致命的だと思いますね。

 

そう考えると、日本に投資しても、効率よく資産を増やしていくのは難しいと言わざるを得ません。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<sponsored link>