リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

<sponsored link>

<管理人おすすめカード「楽天カード」>

・還元率が凄い!

 僕でも通算20万円以上ポイントが溜まったので、まだ持ってない方にオススメ

女子「彼氏が日本電気とかいう電気屋に就職したから別れるわ」 俺「・・・。」

こんにちわ、リョウスケです。

 

皆さんは2022年の投資成績は如何でしたか?

 

2022年数年ぶりに非常に地合いの悪い相場で多くの個人投資家が資産を減らしてしまったと思います。

 

資産を増やすために株式投資を始めてるのに、下落してしまうなんて本末転倒ですよね。

 

もしかすると2023年は景気減速の影響を受けて下落するかも知れませんが、投資を辞めるという選択肢を私は持っていません。

 

ちなみに、資産総額1億くらいなら普通のサラリーマンの私でも、頑張ればなることができると思いますよ。

 

株式投資をやることでお金に働いてもらい、複利を生かして増やしていくこともできますからね。

 

さらに言えばわ不動産投資などの資産運用で効率的な資産の増加を目指すことができますし、アフィリエイトなどの「副業」も、頑張り次第では、それなりの収入を得ることができますからね。

 

大企業に勤めることができれば「億万長者」になれる確率はさらに増える

 

<sponsored link>

 

 

つまり、サラリーマンとしての収入以外にも、資産を増やしていく方法があるわけです。

 

こういったものを利用して、成功すれば、一介のサラリーマンでも「お金持ち」になることはできると思いますよ。

 

そして、もしも「大企業」に勤めている人なら、さらにその確率は飛躍的に上昇します。やはり大企業の収入は大きいですし、福利厚生面でも中小企業とは比べ物にならないくらい恵まれていますからね。

 

こういった収入面だけではなくて、大企業の方が「仕事」も小規模から大規模まで幅広くあって、自分自身のスキルに合わせて仕事をすることができますし、社内のノウハウもある程度最適化されているので、自分の年齢や立場に合わせて経験を積むことが出来るメリットは大きいと思います。

 

私はエンジニアとして大企業に勤めていましたが、やはりスキルを飛躍的に伸ばすことができたのはこの期間だったように思えます。今思えば、ビジネスの基礎はこの時に上司に(強制的に)身に付けさせられましたね。

 

ですので、もしも学生の方なら「大企業」に務めることができるように、努力をするべきですし、もしも若くてスキルがあるなら、大企業に転職することをおすすめします。

 

人も会社も上辺だけでは判断できない!

 

<sponsored link>

 

 

ところで、随分前ですがネット上ではあるツイートが話題になっていました。

それは、ある男性がカフェでお茶をしている時に女子集団が話している内容をツイートしたものです。

 

女子が話している内容は以下のとおりです。

カフェで後ろの女子集団の会話聞こえてきた。

『カレシがぁ、なんかぁ、日本電気?とかいう電気屋に就職するとか言っててぇ、そこらの電気屋とか有り得なくない?』

えっ。

 

連れも同程度らしく、別れろ別れろ言ってて、 『うん、だからぁ、それで昨日メールで別れるって送ってその後着拒したぁwww』 とか答えてて噴いた。

 

隣のテーブルの人と目が合ったんだけど無言で頷き合い、彼氏の今後を祝福した。

 

ここで言う「日本電気」というのは「NEC」のことです。

私のような40代のICT関連のエンジニアにとっては、ビッグネームの企業なわけですが、普通の一般の人にとってみれば普通の電気屋さんにしか思えないんでしょうか。

 

 まあ、そんなNECも今ではすっかり低迷していて、昔の栄光はなくなってしまいましたが、それでも国内有数の大企業です。それを「そこらの電気屋」扱いするのは無知というか、一周回って可愛いというか・・。

 

彼女たちからしてみれば『竹中工務店』をそこらの工務店とか言い出しそうです。

 

ちなみに私は社会人になるまで「村田製作所」をそこら辺の町工場だと思っていましたし、大林組や熊谷組のような「○○組」と付くような建設会社をヤク○の一組織と思っていました。

 

あと、20年以上前の若い頃コンパした際に、参加していた女性の一人が「博報堂」に勤めていると言ってたんですよ。当時の私は「へえ、文房具屋さんに勤めているんだ・・。」って思っていましたが、声に出さなくて本当に良かったと思っています。

 

人も会社も上辺だけで判断しちゃダメですよね。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<sponsored link>