リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

<sponsored link>

40代女「婚活に1000万円使っても売れ残りの変な男しか寄ってこない!」

こんにちわ、リョウスケです。

 

私もアラフィフと呼ばれる年齢になってしまったので、「若い頃あんなことやってれば良かったなあ・・」なんて思うことはあります。

 

例えば、部活とかもっと真剣に頑張って、青春を満喫したかったです。

 

アラフィフにして思いますが、「若さ」というのは最強の武器になります。

 

そういう意味では、今テレビなどのメディアで活躍しているスポーツ選手やアイドルは若いうちに本気で頑張れることを見つけていることに羨ましさを感じますね。

 

逆に私は若いうちに株式投資をはじめとした「資産運用」をやっていたおかげで、40代にして8000万円を超える資産を手に入れることができ、「いつでも会社なんて辞めてやる!」という精神的にな余裕を手に入れることができた、という点は良かったと思います。

 

40代という人生の折り返し地点に到達して「若さ」には無限の可能性があった事に気付かされましたよ。

  

40代婚活女子「婚活に1000万も使ったのにろくな男が寄ってこない!」

 

<sponsored link>

 

 

ところで「若さ」が最も大きな武器となるのは「恋愛」や「結婚」の際だと思います。特に結婚にいたっては年齢を重ねるほど、大きなハンディキャップになってしまいますからね。

 

今回は、40代女性が婚活の際に大きな苦労をしている話を紹介したいと思います。

 

 

都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。


 「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考えられなくて、破局してしまいました。 仕事に生きてきましたが、35歳を過ぎたあたりから親も『いい加減に結婚したら?』と口うるさく言い始めて……」

 

  重い腰を上げて一般的な婚活パーティに参加すれば、「年齢」がネックで相手にされなかったという。35歳を過ぎた女性は、あからさまに“対象外”の扱いをされると嘆く。

 

40代以降限定のパーティでは、今度は「売れ残りの変な男しかいない」というジレンマに苛まれる。

 

 「自分も“売れ残り”なのは重々承知です。『理想が高いんでしょ?』なんて言われるけど、  私自身は、年収400万~500万円程度で“普通”の男性がいい。でも、それすら高望みなのかな・・・。」

 

  借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入した。結婚するために、必死の覚悟で美容グッズを買い漁っているが結果にはつながらない。

 

 「綺麗になってもダメなら、何をすればいいのでしょうか」気づけば、婚活に1000万円以上をつぎ込んだという佐伯さん。婚活漂流者となった彼女は、この日の取材後もパーティに向かったのだった。

(引用)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-01614242-sspa-soci

 40代の女性が綺麗になるために借金までしているにもかかわらず、「年齢」というハンディキャップのせいで、男性に見向きもされていないという記事です。

  

時間はとっても大事・・・「若さ」は最強の武器なり!

 

<sponsored link>

 

 

男性も年齢を重ねると、結婚のチャンスは激減すると思うのですが、女性は男性よりも「年齢」というものが大きなハンディキャップになるのかもしれませんね。

 

ただ個人的には年齢が高くても、見た目が綺麗なら十分チャンスはあるように思えるのですが・・・。見た目や年齢を語る以前に借金までして100万円のエステに行ったり、美顔器を購入したりしている点がまずいような気もするんですが、どうなんでしょうね。

 

そもそも婚活に1000万円以上費やしているって凄いです。

私は投資家なので、1000万円を不確定要素の高いことに費やすのであれば、株式投資を行って資産を増やすことに力を使いますね。

 

1000万円をS&P500指数と連動したETFや投資信託に投資すれば、直近40年間の年間平均利回りが8%だったことを考慮すると、9年後には2000万円になっています。

 

 それだけ「時間」を有意義に使うことができるというわけです。「結婚」を考えるのであれば、若ければ若いほどアドバンテージを得ることができますが、それは「資産形成」においても同じことが言えます。

 

若い頃の数年は大きな価値がありますので、色々考えて行動し、自分で責任を取れるようにしたいものです。

 

そして、私は現在40代という年齢ですが、まだまだ「人生100年時代」の中では若いと思っていますので、色々チャレンジして少なくとも「後悔」だけはしない人生にしたいと思います。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<sponsored link>